脂肪注入豊胸の特徴

  • LINEで送る

脂肪注入豊胸の特徴

「豊かで美しいバストを手に入れたい」と考えるのは、女性にとってごく自然なことだと言えます。そしてその方法の一つとして、「脂肪注入豊胸」があります。

1 脂肪注入による豊胸手術の特徴

脂肪注入豊胸は、「脂肪注入法」と記されることもあります。(ここでは「脂肪注入豊胸」で統一)まずは、「そもそも脂肪注入豊胸とはどんなものか」について見ていきましょう。

1-1 手術の方法・特徴

脂肪注入豊胸は、簡単に言えば、「バストに脂肪を注入してバストアップをはかる」という方法です。ここで使われる「脂肪の処理方法」にはさまざまなやり方がありますが、基本的な考え方は同じです。自分自身から採取した脂肪を、胸に注入します。そのため、この方法は脂肪吸引手術とセットになっています。

1-2 メリット

脂肪注入豊胸による豊胸手術は、「自分の脂肪を使って行う」ということから、安全性が高いのがメリットです。また、次の項目で詳しく紹介しますが、私たちの体に元から存在する「脂肪」を使って行う手法であるため、仕上がりが極めて自然です。

1-3 デメリット

一方、脂肪注入豊胸にはデメリットもあります。脂肪注入豊胸は、「自分の脂肪を使う」ということから、「脂肪吸引」とセットになります。脂肪吸引も非常に人気のあるプランなのですが、同時に、かなり高額な手術であることも確かです。

加えて、「体はやせているけれど、胸だけを大きくしたい」という人には、この脂肪注入豊胸はあまり適しません。脂肪注入豊胸は自分の体から脂肪をとって行う手術であるため(多くの場合、お腹や太ももから脂肪を採取します)、とれるだけの脂肪がない場合、脂肪注入豊胸は受けることができないのです。

また、脂肪注入豊胸の場合、シリコンバッグの挿入の場合やヒアルロン酸注入の場合とは異なり、「どれくらい大きくなるのか」がはっきりとしていません。なぜなら、術式などによっても多少異なりますが注入した脂肪のすべてが定着するわけではないからです。目安としては半カップから2カップの範囲と考えていいでしょう。

1-4 どのくらのバストアップが可能か

平均的な女性の体型だと、脂肪注入豊胸はシリコンバッグほどの大幅なバストアップは望めません。一度の手術でアップできるサイズは、半カップ~2カップ程度になるでしょう。(確実に2カップ以上大きくしたいという希望がある方はシリコンによる豊胸術を検討したほうがいいと言えます。)

2 脂肪注入豊胸の仕上がり

ここからは、脂肪注入豊胸のもっとも大きなメリットである「仕上がりの良さ」について見ていきましょう。

2-1 仕上がりは自然か

脂肪注入豊胸によるバストアップは、バストアップ手術のなかでももっとも仕上がりが自然になる術式です。見ただけでは、豊胸手術を受けたことなどまずわからないでしょう。また、脂肪注入豊胸の場合、注射器を使って行われることが多いため、傷跡の心配も原則として必要ないでしょう。
ただし、脂肪吸引のときは管を使って行うため、多少の傷は残ります。もっとも、この傷も目立つものではありません。時間が経てばほとんどわからなくなるでしょう。

2-2 しこりは残らないのか

注入した脂肪の一部が、「しこり」となって残る可能性は考えられます。現在はどこの病院も、しこりが残らないようにする施術を実施していますが、リスクをゼロにできるわけではありません。もししこりができたのであれば、担当医に相談しましょう。

2-3 触り心地は?

「触り心地の良さ」は、脂肪注入豊胸によるバストアップの大きな魅力です。自分自身の脂肪を使っているため、手触りは元々のバストと変わりません。固くもないので、まず気づかれないでしょう。

ちなみに現在は、「ハイブリッド豊胸手術(クリニックによって名称は異なります)」もあります。これは、シリコンバッグを入れたうえで、脂肪も注入するというものです。シリコンバッグによって大幅に胸をサイズアップし、そこに脂肪注入を組み合わせることで、「大きくて、手触りのよい胸」を作ることができるのです。

【脂肪注入豊胸症例】

脂肪注入豊胸

脂肪注入による豊胸手術の詳しい施術・ご相談についてはこちらからご参照ください
https://www.tkc110.jp/bust/fat_injection/

3 脂肪注入豊胸のダウンタイム

何度か繰り返していますが、脂肪注入豊胸には必ず「脂肪吸引」がセットになってきます。このため、脂肪吸引によるダウンタイム(美容外科手術を受けた場合に、体が腫れたり、熱を持ったり、痛んだりする時間)が生じます。

3-1 ダウンタイムの期間や症状

バストの痛みはほとんどありませんが、もし痛みがあったとしても手術後1週間ほどでおさまり、痛み止め(鎮痛剤)でコントロールできます

手術後1,2週間はバストに腫れとむくみが出ますが、腫れやむくみのせいでバストが大きくなっている状態が気になることはないと考えて大丈夫です。

また脂肪吸引箇所のダウンタイムですが、術後1週間~2週間程度までは腫れやむくみがみられます。その間の痛みは、痛み止め(鎮痛剤)でコントロールできますクリニックにご相談ください。

さらに、脂肪吸引をしたときには「圧迫固定」が必要になります。この「圧迫固定」に関する考え方はクリニックごとで少し異なりますが、基本的には、1ヶ月間、施術箇所によっては3ヶ月程度、患部をずっと圧迫用の下着で押さえ続けることになります。こうすることで、患部を落ち着かせるわけです。これを自己判断でとってしまうと、折角行った手術の効果もうまく現れません。

4 まとめ

自然な手触りを作り上げることのできる「脂肪注入豊胸」は、非常に魅力的な手術方法です。ただ、同時に「脂肪吸引」も行わなければなりません。「体はやせていて胸が大きい」という理想の体を作ることができますが、その分、制限が多いものでもありますから、よく検討したい術式です。

カテゴリー 豊胸手術

  • LINEで送る

東京美容外科では豊胸に関するお悩みにお応えします

東京美容外科 麻生です。
最後まで記事をお読み下さいまして、ありがとうございました。

東京美容外科では豊胸に関するお悩みを随時受け付けております。
患者さまのお悩みに対して豊胸の手術内容の具体的な説明や、仕上がりイメージ、術後のリスク、かかる費用等、患者さまが納得いくまで丁寧に説明を行い、きちんと同意した上で施術を受けていただくことを心掛けております。

無料カウンセリング(要予約)ではあなたがお悩みのことを気軽にご相談いただけます。
どんなささいな悩みであっても、あなたにとっての不安を必ず解消できるお手伝いをさせていただきます。

東京美容外科公式サイトへ

この記事をシェア

  • ツイート
東京美容外科公式サイト