バストアップの方法を徹底検証!

  • LINEで送る

バストアップの方法を徹底検証!

多くの女性にとって、「豊かなバスト」「ハリのあるふっくらバスト」は理想的なものですよね。
今回はバストアップに効果的なマッサージやエクササイズを始め、バストアップが期待できる食べ物や気になる「豊胸手術」についても紹介していきたいと思います。

1 バストアップマッサージ

まずはバストアップに効果が期待できるマッサージ方法をご紹介します。

1-1 乳腺を刺激!ボリュームアップマッサージ

バストのボリュームに大きく関わってくる乳腺を刺激して、バスト全体のボリュームアップを目指しましょう!

・マッサージ方法

  1. 片方の胸の下に手をおく
  2. 左右の手を交互に、下から上へバストをすくい上げるように持ち上げる(手のひらをバストに密着させるように)
  3. 胃の部分のお肉をバストに移動させるイメージで、下から上へしっかりと持ち上げる
  4. もう片方も同様に1~3を行う
  5. 1日1回、15分程度を目安に行う

お腹や脇など、バスト周辺の部位にあるお肉を「バストに移動させる」イメージで、しっかりとマッサージするのがポイントです。マッサージによって血流がよくなるので、マッサージ後はバスト全体がポカポカと温かくなってくるのが実感できますよ。お風呂上がりに、お気に入りのボディークリームなどを使用しながらマッサージするのもおすすめです。

1-2 ハリ感UP!谷間を作るバストマッサージ

バストラインにメリハリをもたせたバストに近づくためには、乳房全体をリズミカルにマッサージする方法が効果的です。

・マッサージ方法

  1. 両手を使って胸の外側から内側に向かって、バスト全体を持ち上げるようにぐるりと円を描く
  2. バストを丸く形成するイメージでリズミカルにマッサージする
  3. 1日1回、15分程度を目安に行う

「左胸は右手で、右胸は左手」というように、左右逆の手で行うとスムーズにマッサージをすることができます。また、必ず「外側から内側」に向かってマッサージすることがポイントです。胸のカップを潰してしまわないように、優しい力加減でマッサージしましょう。

2 バストアップ 筋トレ・エクササイズ

バストマッサージは、バストの血流をよくして胸に栄養素が行き届きやすくするために有効です。次に、そんなバストマッサージと同時に行うことで「本格的なバストアップに効果が期待できる」という筋トレ・エクササイズをご紹介します。

2-1 大胸筋を鍛えてグラマラスなバストに!

大胸筋はバストを支えるための「土台」と言われているほど、豊満なバストには欠かすことのできない筋肉です。大胸筋が衰えるとバストが垂れてしまうばかりか、ハリを失ってしぼんでしまいやすくなります。積極的に大胸筋を鍛えることは、いつまでも若々しいバストを保つ秘訣とも言えるでしょう。

・やり方

  1. 肘を肩の高さまで引き上げ、顔の前で両手を合唱する
  2. 合わせた両手を押し合う(手の力で押し合うのではなく、大胸筋に負荷がかかっていることを意識しながら行う)
  3. 息を吐きながら、20秒程度押し合う
  4. 1日最低1回は行う。

合唱ポーズのエクササイズは、バストアップを目指す人の定番トレーニングといってもいいでしょう。毎日続けることで大胸筋を効果的に鍛えることができるので、ぜひ長期的に習慣化させたいエクササイズのひとつです。

2-2 サイズUPも夢じゃない?バストの土台を作るエクササイズ

先ほどご紹介した合唱ポーズのエクササイズも効果的ですが、こちらも大胸筋をしっかりと鍛えることができる簡単筋トレです。

・やり方

  1. 床に膝をつき、腕を開いて床に手をつく(四つん這いで腕立て伏せをするイメージ)
  2. 床につけた手は肩幅よりも広めに開く
  3. 肘を曲げて上体を下ろす
  4. 深く体を下ろしたら、元の姿勢に戻る
  5. 10回×2〜3セット行う

腕立て伏せの「膝つきバージョン」ともいえそうなこちらのエクササイズでは、合唱ポーズと同じく、バストの土台になる大胸筋を効率よく鍛えることができます。エクササイズに慣れないうちは2〜3セットから始め、慣れてきたら回数をできるだけ増やしてみるようにしましょう。

3 バストアップできる食べ物

マッサージやエクササイズと一緒に「バストアップに効果が期待できる食べ物」を摂取して、より効率よくバストアップにつなげましょう。

3-1 手羽先

鶏肉は全般的に良質なタンパク質が含まれているので、筋トレをする人にも大変人気のある食べ物です。鶏肉の中でも特に注目したいのは「手羽先」です。手羽先は母乳の分泌を促進させたり胸にハリを与えると言われています。

また、カボチャの種・落花生・小豆などにも手羽先と同等の効果があるとされ、バストアップ効果が期待できる食べ物のひとつです。

3-2 豆乳

豆乳にはイソフラボンという成分が豊富で、この成分は「女性ホルモンに似た働きをする」ということが確認されています。バストアップのために欠かせない女性ホルモンの分泌量が少ない女性には、女性ホルモンに似た働きをしてくれるイソフラボンを多く含む食べ物を積極的に摂取することがおすすめです。

イソフラボンを豊富に含む食べ物には、豆乳の他にも豆腐・納豆・きな粉などの大豆製品があります。

3-3 キャベツ

キャベツに含まれる「ボロン」という成分は、先ほどご紹介した大豆製品と同じく「女性ホルモンに似た働きをする」と言われています。女性ホルモンの分泌を助けるボロンが多く含まれるキャベツは、バストアップを目指す女性にはぜひ取り入れてもらいたい食べ物です。

キャベツの他にも、りんご・海藻類・アーモンド・ぶどう・はちみつにもボロンは含まれているので、毎日の食事に上手に取り入れてみましょう。

4 美容外科でバストアップ

「今すぐバストアップしたい!」という人には、豊胸手術という選択肢もあります。ここでは、数ある豊胸手術について、概要を簡単にご紹介します。

4-1 ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸をバストに注入することで、気軽に理想のバストへ近づくことができる豊胸方法です。メスは一切使用せず、日帰りで行うことができるほど手軽なため「バストアップしたいけど、本格的な手術は不安…」という人におすすめです。

ヒアルロン酸は非常に安全ですが、時間の経過とともに体に吸収されてしまうので、ヒアルロン酸を入れる量などによって持続時間は変わってきます。

4-2 豊胸手術(バッグ挿入)

「2カップ以上バストを大きくしたい」「半永久的に大きなバストを手に入れたい」という人には、本格的な豊胸手術がおすすめです。

脇の下を切開してシリコンバッグを挿入していく施術方法なので、どうしても傷口ができてしまうところがデメリットと言えるでしょう。しかし、傷口は小さく脇の下という目立たない場所になるので目立ちにくいのが特徴です。もちろん麻酔もしっかりと行うため、施術中に痛みを感じることはありません。通院は必要ですが、日帰りでできる手術であるところもポイントです。

5 まとめ

豊かでハリのあるバストは、女性に自信をもたせてくれるといっても過言ではありません。バストマッサージやエクササイズを続ければ、2週間ほどでバストに変化が現れる人も。ぜひ毎日のエクササイズを日課にして、バストアップを目指しましょう!

※効果は個人差があります。体に不調などが現れた場合は、直ちに中止してください。

カテゴリー 豊胸手術

  • LINEで送る

東京美容外科では豊胸に関するお悩みにお応えします

東京美容外科 麻生です。
最後まで記事をお読み下さいまして、ありがとうございました。

東京美容外科では豊胸に関するお悩みを随時受け付けております。
患者さまのお悩みに対して豊胸の手術内容の具体的な説明や、仕上がりイメージ、術後のリスク、かかる費用等、患者さまが納得いくまで丁寧に説明を行い、きちんと同意した上で施術を受けていただくことを心掛けております。

無料カウンセリング(要予約)ではあなたがお悩みのことを気軽にご相談いただけます。
どんなささいな悩みであっても、あなたにとっての不安を必ず解消できるお手伝いをさせていただきます。

東京美容外科公式サイトへ

この記事をシェア

  • ツイート
東京美容外科公式サイト