医師が検証!食事制限ダイエットで痩せない原因

  • LINEで送る

医師が検証!食事制限ダイエットで痩せない 原因

ダイエットと聞いて、まず真っ先に思い浮かぶのは「食事制限によるもの」ではないでしょうか。今回はこの「食事制限ダイエット」の特徴とメリット・デメリットについて見ていきましょう。

1 食事制限ダイエット

まずは、食事制限ダイエットの基本的な知識を学んでいきましょう。

1-1 食事制限ダイエットとは

食事制限ダイエットとは、ごく簡単に説明すれば「食事を制限して摂取カロリーを減らすダイエット」といえます。消費カロリーが摂取カロリーよりも大きければ、当然ながら人間は痩せていきます。食事制限ダイエットはこの「摂取カロリーを減らすこと」に大きく寄与します。

食事制限ダイエットには、さまざまな種類があります。スナック菓子のようにハイカロリーで栄養が少ないものをとらないというのも食事制限ダイエットですが、断食や糖質制限、あるいは1日の摂取カロリーを極端に制限するものも「食事制限ダイエット」と呼ばれます。

ただここでは、「食事制限ダイエット」は「食事の量を極端に節制して、基本的にはそれだけで痩せようとするダイエット」を指してお話ししていきます。

1-2 食事制限ダイエットのメリット

食事制限ダイエットのもっとも大きなメリットは、非常に効果が出やすいということです。短期的なダイエットに向いており、方法によっては1か月で3キロ以上落とすことも可能でしょう。目に見えて効果がわかるので、モチベーションも保ちやすいことでしょう。

1-3 食事制限ダイエットのデメリット

食事制限ダイエットのもっとも大きなデメリットは、肉体的負担が大きいということです。極端な食事制限ダイエットをした場合、体が慢性的な飢餓状態になるため、さまざまなトラブルが起きる可能性があります。たとえば、髪の毛や肌は生命維持に必要不可欠ではないためトラブルが起きやすくなるといえますし、場合によっては体力の著しい低下などを招きかねません。

※食事制限によるカロリー計算の考え方については、「【医師直伝】カロリー制限ダイエットの効果と注意点」で詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。
http://biyou-zemi.com/diet-4685

2 食事制限ダイエットで痩せない原因

食事制限ダイエットは短期的には非常に高い効果をもたらしますが、ずっと続けているとなかなか痩せなくなってしまうこともあります。その理由を紹介しましょう。

2-1 筋肉が痩せる

筋肉は、効率よくカロリーを消費することのできるものです。同じ運動をしていたとしても、筋肉がある人の方が効率よくカロリーを使えるのです。基礎代謝が上がるため、「息をしていても痩せる」ともいわれます。

しかし入ってくるエネルギーが足りなさすぎると、人間の体は筋肉を消費して生命を維持しようとします。このため、「短期的には痩せるけれど、痩せにくい体になる」という現象が起きるのです。

これを避けるためには、ある程度カロリーを摂取し、運動によって消費することが求められます。

2-2 少ない栄養で体を維持しようとしてしまう

人間の体は飢餓状態に長くおかれると、「少ない栄養素で体を維持できるように」と体が考えるようになります。このため、少ないエネルギーでも生きていけるようにと、基礎代謝が下がってしまうのです。

これを避けるためには、やはり適度にカロリーのある食事をとることが有効です。

2-3 過食症を招く危険性がある

極端な食事制限は、ときに精神をもむしばみます。「食べること」に罪悪感と強い欲求を感じるようになり、拒食症や過食症に陥ってしまうこともあります。

この結果として、体型が病的にやせ衰えたり、逆に肥満が進んだりします。このような状態になった場合は、自己解決は極めて難しいため、病院での治療が必要になります。

2-4 消化器官へのダメージ

過度な食事制限ダイエットを続けていると、消化器官への負担が大きくなることもあります。消化器官がうまく動かないと、正常な栄養吸収ができません。

これを解消するためには、バランスのとれた食生活と、適度なカロリーの摂取が必要です。

2-5 偏った食生活

食生活自体が偏っていたため痩せなかった、というケースもあります。カロリーだけを見て判断して食事をしていたり、「炭水化物を抜けば痩せる」と考えて「○○抜きダイエット」をしていたりすると、痩せにくい状態に陥ります。特定の栄養素が足りない場合、「この栄養素はなかなか入ってこないから、次に入ってきたときに積極的に溜め込もう」と体が考えてしまうのです。

結局のところ、食事制限ダイエットといっても極端な食事制限をするのではなく、たんぱく質・脂質・糖質の三大栄養素をきちんととり、かつビタミン類なども積極的にとっていくことが重要だといえます。

3 食事制限中の運動

運動をしたくないから食事制限ダイエットをするという人もいるかもしれませんが、食事制限ダイエットであっても運動をすることはプラスに働きます。

3-1 食事制限中の運動はOK?

重度の糖尿病を患っていることが理由で医師から食事制限ダイエットを命じられている人の場合、運動が禁忌となることはあります。しかしそれ以外の人であれば、食事制限ダイエット中も運動を積極的に行っていくべきでしょう。

3-2 注意点

食事制限ダイエットは体の中にエネルギーが足りない状態になってしまいがちです。このため、運動を組み合わせると低血糖などが起きる可能性があります。運動を行う前には炭水化物を軽くとるなどして、体が運動できる状態を整えておきましょう。

3-3 おすすめの運動

食事制限ダイエット中は、激しい運動は行わない方がよいでしょう。ジョギングなどの軽い運動を行うようにします。また、ストレッチも非常に有用です。

なお、意外と正しいやり方を知っている人が少ないジョギングは、以下のような方法で行います。

・かかとやつまさきだけを使わず、足裏のすべてを使って衝撃を吸収する
・自分の足に合ったランニングシューズを使う
・ストライド(歩幅)を大きくとりすぎないようにして、リズミカルに走る
・走るペースは、「会話をしながら足を動かせる程度」を守る

4 まとめ

食事制限ダイエットは、短期的なダイエット方法としては有効です。しかし、さまざまなリスクを含むダイエット方法でもあります。食事制限ダイエットであっても、以下のことに注意することを推奨します。

・栄養バランスを守る
・過剰なカロリー節制をしない
・運動と組み合わせて行う

これらを守ってもどうしてもダイエットができないということであれば、クリニックでの医療痩身という選択肢も考慮に入れてみてください。当院ではダイエット注射や脂肪吸引などの方法でダイエットのお手伝いをすることができます。

カテゴリー ダイエット

  • LINEで送る

東京美容外科ではメディカルダイエットに関するお悩みにお応えします

東京美容外科 麻生です。
最後まで記事をお読み下さいまして、ありがとうございました。

東京美容外科ではメディカルダイエットに関するお悩みを随時受け付けております。
患者さまのお悩みに対してメディカルダイエットの具体的な説明や、仕上がりイメージ、術後のリスク、かかる費用等、患者さまが納得いくまで丁寧に説明を行い、きちんと同意した上で施術を受けていただくことを心掛けております。

無料カウンセリング(要予約)ではあなたがお悩みのことを気軽にご相談いただけます。
どんなささいな悩みであっても、あなたにとっての不安を必ず解消できるお手伝いをさせていただきます。

東京美容外科公式サイトへ

この記事をシェア

  • ツイート
東京美容外科公式サイト