ダイエット中のお酒はOK?医師が検証しました!

  • LINEで送る

ダイエット中のお酒はOK?医師が検証しました!

お酒が好きな人にとっては、ダイエット中だからといって禁酒するのはつらいもの…。なんとなくお酒はカロリーの高いものだから、ダイエットにはご法度だと思ってはいませんか?
ダイエット中のお酒の付き合い方について詳しく見ていきます。

1 ダイエット中のお酒はOK!?

まず、そもそも「ダイエット中にお酒を飲んでも良いかどうか」ということについて考えていきましょう。結論からいえば、「基本的には問題がない」といえます。

もちろん、健康上の理由から医師に禁酒を命じられている場合は別ですが、そうでないならば、ダイエット中に飲酒をしてもかまいません。ただ、飲みすぎや食べ合わせには注意が必要です。

1-1 お酒は太らない?

「お酒だけでは太らない」という言葉を耳にすることがあります。これは「エンプティカロリー(※後述)」からきていると思われますが、しばしば誤解して認識されていることがあります。

なお、「お酒を飲むと食事をとらなくなる」という人もいるため、このような人はお酒を飲むことで摂取カロリーを落とせるかもしれません。しかしこれは極めて危険な飲み方であるため、絶対に行ってはいけません。

1-2 エンプティカロリーの誤解

お酒は「エンプティカロリー」だから飲んでも太らないというのは、お酒とダイエットの関係について語る時に必ずといっても良いほど取り上げられる話題です。

「エンプティ」とは英語で「空の」という意味で、「エンプティカロリー」とはその名の通り「カロリーがない」という意味でしばしば使われます。「栄養価がないからこう呼ばれる」とも「アルコールのカロリーは発散されて体の中にとどまり続けることが少ないから」ともいわれていますが、「カロリーが蓄積しない」のはあくまで「純アルコール」 の話です。実際のお酒には、たんぱく質や糖質も入っています。これらは当然、体にエネルギーとして蓄積されます。

1-3 お酒が太るといわれる原因

お酒が太るといわれている原因の一つに、「おつまみ」があります。

お酒を飲む時、私たちの多くはおつまみを食べますし、また正確にいえば食べなければなりません。 なぜなら、お酒だけを飲んでいると胃が荒れることになるからです。また、アルコールの吸収速度が高まることで急性アルコール中毒などを起こしやすくなります。

ただ、おつまみのなかには、非常に高カロリーのものがあるのも確かです。また、アルコールによって食欲が増進され、食べる量も増えてしまいがちです。そのため、お酒を飲む=おつまみを食べる=太るということにつながりやすくなると考えられます。

2 ダイエット中におすすめのお酒

では、ダイエット中におすすめのアルコールとはどのようなものなのでしょうか。

2-1 お酒の種類ごとのカロリー

まずは、主なお酒のカロリーを紹介します。

・瓶ビール(大瓶)1本:250キロカロリー
・生ビール中ジョッキ1杯:200キロカロリー
・焼酎コップ1杯:250キロカロリー
・グラスワイン:100キロカロリー
・ウイスキーシングル:75キロカロリー
・日本酒コップ1杯:200キロカロリー

・カルアミルク・・・205キロカロリー
・カシスオレンジ・・・176キロカロリー

ビールのカロリーが高いと思われがちですが、焼酎や日本酒とあまり変わらないことがわかります。

2-2 ダイエット中におすすめのお酒

ダイエットには、抗酸化作用のあるワインがおすすめです。特に赤ワインにはポリフェノールも含まれているため、ダイエットに最適なお酒といえるでしょう。

また、焼酎には糖質が含まれていないので、血糖値が気になる人にもおすすめです。また、ビールではありませんが、ビールによく似せた「発泡酒」の中には、糖質0のものもあるので、これを利用するのも良いでしょう。

2-3 お酒の飲み方・注意点

お酒を飲む時の一番のポイントは、「飲みすぎないこと」です。お酒の飲みすぎはダイエットだけでなく、健康にも悪影響を与えます。ダイエット中の場合は、お酒からとるカロリーは200キロカロリー以下におさえると良いでしょう。また、週に2回は休肝日をもうけましょう。

3 おすすめのおつまみレシピ

ここからは、ダイエット中にお酒と一緒に楽しみたい「おすすめのおつまみレシピ」を紹介していきます。

3-1 どういうおつまみを選べばいいか

おつまみで選ぶべきは、海藻類や野菜類を豊富に使ったヘルシーなものです。カロリーが低い上に、これらを先に食べることで血糖値の急上昇をおさえることもできます。豆腐などを使ったおつまみも良いです。

また、魚類や、比較的ローカロリーの鶏肉を使った料理も良いでしょう。

3-2 ダイエットにおすすめの食材を使用したレシピ

ダイエットにおすすめの食材を使用したレシピを3つ紹介します。

・豆腐の味噌漬け
【カロリー目安】
60キロカロリー程度

【材料】
豆腐1丁、味噌、しょうゆ適量 

【手順】
1.豆腐に重しをのせて水切りをする
2.豆腐をガーゼでくるむ
3.しょうゆと味噌を、ガーゼの上から塗る
4.一晩以上おく

しょうゆと味噌を直接「調味料」として使うのではなく、それをガーゼ越しに浸み込ませることで味付けをします。チーズのような風味も持ち合わせ、日本酒が進む一品です。ある程度冷蔵庫で保管がききますので、常備菜としても利用することができます。

・タイのちりちり
【カロリー目安】
100カロリー程度

【材料】
タイの切り身(※生食用)、ダシ、塩

【手順】
1.タイをできるかぎり薄くそぐ
2.深みのある皿に、タイが重ならないように並べる
3.任意のダシを沸騰させたもの(お好みで塩を振る)を2にかける
4.身が縮まってきたところを箸でとり、食べる

日本酒や白ワインが進む一品です。タイを使ったぜい沢な一品なので、ダシも少し良いダシを使いましょう。ご飯などにかけて出汁茶漬けのようにして食べてもおいしいです。

・新タマネギのさっぱりサラダ
【カロリー目安】
55キロカロリー程度

【材料】
新タマネギ1個、鰹節5グラム、ポン酢

【手順】
1.新タマネギを薄くスライスする
2・すぐに氷の張ったボウルに1を入れる
3.水をよく切り、皿にうつす
4.鰹節とポン酢をかける

新タマネギの甘味を利用したさっぱり簡単サラダです。ただ、新タマネギ以外のタマネギを使うとやや苦味が出てしまうこともあるので、必ず新鮮な新タマネギを使うようにしましょう。ポン酢は一般的なポン酢でかまいませんが、ゆず風味のものなどを用いてもおいしいです。主張が少ないおつまみですから、どんなお酒にもよく合います。

4 まとめ

ダイエットもしたい、でもお酒も飲みたいという人は、決して「お酒のすべて」を諦める必要はないということを、まずはおさえておいてください。正しい付き合い方を知っていれば、ダイエット中でもお酒を楽しんでも良いのです。適度な飲酒は場を明るくし、リラックス効果も得られます。

ただ、「近頃付き合いでのお酒が多くて、新陳代謝も崩れていそう」「部分痩せが難しくて困っている」という人は、クリニックでの痩身を視野に入れてください。当院ではダイエット注射や脂肪溶解注射など、メスを使わずに受けられる痩身プランも用意しています。ぜひお気軽にご相談ください。

カテゴリー ダイエット

  • LINEで送る

東京美容外科ではメディカルダイエットに関するお悩みにお応えします

東京美容外科 麻生です。
最後まで記事をお読み下さいまして、ありがとうございました。

東京美容外科ではメディカルダイエットに関するお悩みを随時受け付けております。
患者さまのお悩みに対してメディカルダイエットの具体的な説明や、仕上がりイメージ、術後のリスク、かかる費用等、患者さまが納得いくまで丁寧に説明を行い、きちんと同意した上で施術を受けていただくことを心掛けております。

無料カウンセリング(要予約)ではあなたがお悩みのことを気軽にご相談いただけます。
どんなささいな悩みであっても、あなたにとっての不安を必ず解消できるお手伝いをさせていただきます。

東京美容外科公式サイトへ

この記事をシェア

  • ツイート
東京美容外科公式サイト