二重整形の種類と費用の目安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

二重整形の種類と費用の目安

華やかで美しい目元作りのために、「二重整形」を希望する人もいます。二重整形をすればぱっちりした目を作ることができますし、一重がコンプレックス場合はそれが解消されます。ただ、一口に「二重整形」と言っても、施術方法には複数の種類があります。今回はそのなかでも、代表的な「切開法」と「埋没法」について見ていきましょう。

1 切開法の特徴

「切開法とは何か」を知るためには、まずは、「そもそも人はどうして二重になるのか」ということから考えなければなりません。

人間の目には、「瞼板(ケンバン)」と呼ばれるものが存在しています。その「瞼板」を「挙筋腱膜」という膜が引っぱり上げることで私達は目を開けることができます。
二重まぶたの人はその「挙筋腱膜」が「瞼板」だけでなく、まぶたの皮膚にもくっついている為、目を開けるときに皮膚が引っ張られて、二重のラインが入ります。

切開法では、切開した部分(ここが二重のラインになります)の皮下組織と、瞼板にくっついている挙筋腱膜とを縫合して、二重まぶた本来のメカニズムを再現します。その為「切開法」と呼ばれています。ちなみにこの切開法は、「部分切開」と「全切開」の2つがあります。

【切開二重の施術例】

切開法の特徴

切開法の特徴

2 切開法のメリット

2-1 永続性がある

切開法は、埋没法に比べて効果がわかりやすく、埋没法で処置したものの元の状態に戻ってしまった、という人でも利用できる方法です。その効果には永続性があり、施術することによって目の重さを改善することができます。

2-2 幅広い要望に対応できる

さらに、この切開法は、「こんな目元を作りたい!」という要望に幅広く対応してくれる手術方法でもあります。くっきりとした幅広い二重を作ることもできますし、目を大きく見せる華やかな二重を作ることもできます。その一方で、控えめでありながらも落ち着いた雰囲気、自然な雰囲気を醸し出すことができる「奥二重」「末広型」を作ることも可能です。また、切開するので、同時にまぶたのたるみがある方や、まぶたの脂肪が多くて厚ぼったい人に対しても、手術の際に同時に皮膚や脂肪を除去することも可能です。

3 切開法のデメリット

3-1 ダウンタイムが長い

切開法は、埋没法に比べるとダウンタイムが長い手術となります。このため、目元のメイクは1週間程度はできません。さらに、抜糸まで5~7日ほどかかりますので、仕事等のお休みをとる必要がある場合もあります。また、「まったく腫れが気にならなくなる」という状態に至るまでは、2~3週間ほどかかる可能性もあります。

3-2 埋没法に比べて費用が高め

料金はクリニックやプランごとで違いがありますが、両目で35万円程度となります。

切開二重料金

単 位 料 金
片目 210,000円
両目 350,000円

※参照 東京美容外科での切開二重施術費用

切開二重(全切開)の詳しい施術・ご相談についてはこちらからご参照ください
https://www.tkc110.jp/eye/all_incision_method/

4 埋没法の特徴

埋没法は、糸を使って瞼の皮膚と瞼板または挙筋腱膜をつなげることで二重を作ります。こうすると、目を開いたときに、皮膚が折りたたまれるかたちになります。皮膚が折りたたまれた際に二重ができる、という理屈です。

「糸を何か所に使うか」によって、そのデザインが異なります。1点だけで留めた場合は費用が安く済みます。また、むくみが少なく、「もともと、なんとなく二重がある」という人の場合はこれで二重を「補強」することができます。ある程度はっきりした二重を手に入れたいのならば、2点で留める方法がよいでしょう。「もっとはっきりした二重にしたい!」ということであれば3点留め~4留めにする方法もありますが、その分、料金もかさみます。

【埋没二重の施術例】

切開法の特徴

切開法の特徴

5 埋没法のメリット

5-1 ダウンタイムが短い

切開法と比べるとダウンタイムが短くて済む、というメリットもあります。埋没法の場合、手術をした次の日からすぐに化粧をすることができます。腫れも極めて少なく、腫れが起きる人であっても2~3日後には収まるのが一般的です。そのため、会社の休日である土曜日に手術を受けて、月曜日には出勤するということも可能です。自分の生活パターンを維持した状態で受けられる、という点では、埋没法は非常に優れていると言えるでしょう。

5-2 切開法に比べて費用が安め

埋没法のメリットは、比較的安価であることです。料金は、クリニックや「何点留めるか」によって異なりますが、両目1点留めの場合で3万円を目安と考えてよいでしょう。一般的に留める箇所が増えるにつれて料金も高くなりますが、それでも切開法よりは安く、3分の1以下に収まることも珍しくありません。

埋没二重料金

施術方法 単 位 料 金
1点留め 片 目 18,000円
両 目 30,000円
2点留め 片 目 33,000円
両 目 55,000円
3点留め 片 目 48,000円
両 目 80,000円
追加1点 片 目 15,000円
両 目 15,000円

※参照 東京美容外科での埋没二重施術費用

埋没二重の詳しい施術・ご相談についてはこちらからご参照ください
https://www.tkc110.jp/eye/quick/

6 埋没法のデメリット

現在埋没法で使われている糸というのは非常に強く、そうそうとれるものではありません。しかしながら、「糸で結ぶ」という方法をとっているため、場合によってはこれが外れてしまうことがあります。特に、花粉症などで目をごしごしとぬぐったりこすったりしてしまっている人は、そのリスクが高くなります。

また、埋没法でも効果を長続きさせることはできますが、切開法にあるような「半永久的な効果の確約」はできません。

7 まとめ

上で紹介した施術内容は、いずれも「目の悩み」「目のコンプレックス」に働きかけてくれるものです。ただ、初めての人には「自分が選ぶべき手術方法はどれなのか」ということがわかりにくいかもしれません。そんなときは、ぜひ医師に相談してください。「こんな目元になりたい」と伝えれば、医師の方で、最適な手術方法を提案してくれます。

「目元に自信がなくて、人から見られるとつい目をそらしてしまう」
「自分の目が嫌で、鏡に向き合いたくない」
「片方だけ二重でなんだか不格好……」
こんな悩みにも、「目の整形」はしっかりと寄り添ってくれることでしょう。

カテゴリー 二重

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京美容外科では二重に関するお悩みにお応えします

東京美容外科 小野です。
最後まで記事をお読み下さいまして、ありがとうございました。

東京美容外科では二重に関するお悩みを随時受け付けております。
患者さまのお悩みに対して二重の手術内容の具体的な説明や、仕上がりイメージ、術後のリスク、かかる費用等、患者さまが納得いくまで丁寧に説明を行い、きちんと同意した上で施術を受けていただくことを心掛けております。

無料カウンセリング(要予約)ではあなたがお悩みのことを気軽にご相談いただけます。
どんなささいな悩みであっても、あなたにとっての不安を必ず解消できるお手伝いをさせていただきます。

東京美容外科公式サイトへ

医師が教える美容ゼミの 購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

関連記事

    関連記事はありません。

東京美容外科公式サイト