切開法二重手術の特徴やリスク

  • LINEで送る

目の整形手術にはさまざまな方法がありますが、「切開法」はその中でもメジャーな施術方法です。きれいな二重をつくるためにも有効な、「二重まぶた切開法」について見ていきましょう。

1 全切開

まず取り上げたいのが、「全切開」です。これについて見ていきましょう。

1-1 手術の特徴・方法

全切開(切開二重)は、主に「二重をつくること」を目的として行われるもので、目頭から目尻までの長さ分、まぶたを切開して二重をつくる方法です。まぶたの皮下組織や筋肉、瞼板を結んで二重をつくっていきます。全切開の大きなメリットは、「埋没法(糸をまぶたに通して二重をつくる方法)」とは異なり、その効果が永続的であることです。また、詳しくは後述しますが、さまざま形の二重をつくることができます。

1-2 費用の目安

料金はクリニックごとによって異なります。ただ、片目ならば10万円~20万円程度、両目ならば35万円程度となります。クリニックごとによって料金が異なるので、カウンセリング時にご相談ください。

切開二重料金

単 位 料 金
片目 210,000円
両目 350,000円

※参照 東京美容外科での切開二重施術費用

1-3 術後の効果

切開法によって二重をつくった場合、その二重は基本的にはとれません。埋没法の場合は糸を使って処理をしていくため、糸がとれると元の目元に戻ってしまいます。しかし切開法ならば、このようなリスクはありません。

さらに切開法の場合、「自分の希望する目元」をつくりやすいというメリットがあります。特に留める箇所が少ない埋没法の場合は、「きれいで、くっきりした二重」をつくるのが難しいというデメリットがあります。しかし切開法の場合は、理想とする二重のラインにそって皮膚を切開し縫合するので、より「くっきり・はっきりした二重」をつくることができます。また、埋没法による施術を受けたが一重に戻ってしまった、という方でも受けることができます。

このように、自分好みの二重をつくることができるのは、切開法の持つ大きな魅力です。加えて、切開法の場合、その手術過程において「脂肪の除去」が容易にできるというメリットがあります(埋没法の場合は、別途まぶたの脂肪取り手術を行う必要があります)。まぶたがはれぼったい人の場合は、切開をしたときに余分な脂肪を取り除くこともできるのです。埋没法の場合は「厚みのあるまぶた」の人は受けにくいというデメリットもありますが、切開法ならば、どんな目の人でもきれいな二重をつくることができます。その一助となっているのが、この「脂肪の除去」なのです。

また、二重にするためだけでなくても、「はれぼったく、重い目元」を解消できるのは、非常に大きなメリットです。

1-4 施術例

重い一重から、平行型の二重にすることができます。また、「末広がり型の二重」「幅の広い二重」「奥二重にしたい」「デカ目効果のある二重をつくりたい」などの要望に応えることも可能です。

【切開二重の施術例】

切開法の特徴

切開法の特徴

切開二重(全切開)の詳しい施術・ご相談についてはこちらからご参照ください
https://www.tkc110.jp/eye/all_incision_method/

2 まぶたの脂肪取りを併用した全切開法二重術

まぶたの全切開法での二重形成術を行うとき、「まぶたの脂肪取り」を同時に行うこともできます。そのやり方について見ていきましょう。

2-1 手術の特徴・方法

「まぶたの脂肪取り」とは、その名前の通り、まぶたにある脂肪を除去してしまう方法を言います。これによって「はれぼったいまぶた」を解消することができ、単純に二重をつくるだけでなく、よりすっきりとした目元をつくることができます。また、まぶたがすっきりすることにより二重のラインもきれいに出てくれるというメリットがあります。

このまぶたの脂肪取りは、それだけ単体で受けることもできますし、埋没法や全切開法と組み合わせることもできます。全切開による二重の形成術の場合、希望の二重のラインにそって皮膚を切開した際に、たるみやはれぼったさの原因となっている余分な脂肪を除去します。この後に理想のラインに縫い合わせていくので、ほとんど時間はかかりません。施術にかかる時間は30~40分ほどとなります。

なお、ここでは「全切開による二重形成術」と一緒に行うものであるという前提のもと「上まぶたの脂肪取り」について取り上げていますが、実際には下まぶたの脂肪を除去することも可能です。

2-2 費用の目安

こちらもクリニックによって差があります。また、「どのような手術を受けるか」によっても料金は異なります。ただ、まぶたの脂肪取りだけを個別で受けようとするのであれば、片目で9万円~、両目ならば15万円程度となります。全切開二重術の場合は、多くのケースで「全切開の料金」に含まれていますが、詳しくはカウンセリング時にご相談ください。

まぶたの脂肪取り料金

施術方法 単 位 料 金
上まぶた切開 片 目 90,000円
両 目 150,000円
上まぶたマイクロカット 片 目 150,000円
両 目 200,000円
下まぶた 小切開法 片 目 90,000円
両 目 150,000円
下まぶた 結膜側切開法 片 目 180,000円
両 目 300,000円

※参照 東京美容外科でのまぶたの脂肪取り料金施術費用

2-3 術後の効果

上でも述べましたが、まぶたの脂肪取りを受けることにより、目の周りの脂肪が除去されます。このため、よりすっきりとした爽やかな目元をつくることができます。また、脂肪を除去することでまぶたの開きがよくなったり、朝のむくみが解消したりする効果も期待できます。加えて、全切開を行ってつくる二重もきれいなラインをつくり出しやすくなります。まぶたの重みやたるみをすっきりさせ、よりくっきりした二重をつくりたいという方におすすめです。

2-4 施術例

「まぶたが厚い」「上まぶたがたるんで皮膚が被さって見える」といった悩みも、脂肪取りを併用した全切開手術を行うことで、すっきり・くっきりした二重を実現できます。また、余分な脂肪を除去することにより、目元が若々しい印象になるのも特徴です。

【まぶたの脂肪取りを併用した切開二重症例】

まぶたの脂肪取りを併用した切開二重症例

まぶたの脂肪取りを併用した切開二重症例

まぶたの脂肪取りを併用した切開二重の詳しい施術・ご相談についてはこちらからご参照ください
https://www.tkc110.jp/eye/mabuta_fat/

3 二重まぶた切開法の注意点

特に大きく取り上げた「二重まぶた切開法」ですが、これにはデメリットもあります。

まず、ダウンタイムが長いこと。埋没法とは異なり、完全に落ち着くまでには半年ほどの時間が必要です(大きい腫れは10日程度)。また、切開法は傷も残ります。特に全切開は傷が大きくなります。ただ、この傷に関しては、時間経過とともに目立ちにくくなります。二重のラインと一体化することもあり、ダウンタイムが終われば気にならなくなるでしょう。

また、埋没法とは異なり永続性がありますが、逆に言えば「好みが変わったから元に戻したい」、ということは基本的にはできないので注意が必要です。

4 まとめ

主な切開法二重手術として「二重まぶた切開法」と「まぶたの脂肪取りを併用した全切開二重術」について紹介しました。理想とする二重があるけれど、どの手術が自分に合っているかわからないといった場合は、医師と相談の上、自分に合った最適な方法を選ぶようにしましょう。

カテゴリー 二重

  • LINEで送る

東京美容外科では二重に関するお悩みにお応えします

東京美容外科 統括院長の麻生です。
最後まで記事をお読み下さいまして、ありがとうございました。

東京美容外科では二重に関するお悩みを随時受け付けております。
患者さまのお悩みに対して二重の治療内容の具体的な説明や、仕上がりイメージ、術後のリスク、かかる費用等、患者さまが納得いくまで丁寧に説明を行い、きちんと同意した上で施術を受けていただくことを心掛けております。

無料カウンセリング(要予約)ではあなたがお悩みのことを気軽にご相談いただけます。
どんなささいな悩みであっても、あなたにとっての不安を必ず解消できるお手伝いをさせていただきます。

東京美容外科公式サイトへ

この記事をシェア

  • ツイート
東京美容外科公式サイト