脂肪吸引で体重は減少する?リバウンドの危険性や術後の注意点を紹介

  • LINEで送る

脂肪吸引を検討している方は、さまざまな方法を試したけれど、痩せることできなかったため手術を受けようと決めた方が多いと思います。確かに脂肪吸引を行えば、短期間で理想のボディーラインをつくることが可能です。しかし、術後の体重は減らないと言う話をよく聞きます。それはなぜでしょうか?

そこで今回はそんな疑問に対して答えるべく脂肪吸引の体重について詳しく紹介していきます。

脂肪吸引とは

脂肪吸引とは、気になる部分を数ミリ切開して「カニューレ」と呼ばれる細い器具を挿入して直接皮下脂肪を吸引する手術法です。辛い食事制限や激しい運動を行わなくても手軽に瘦せることができることがこの整形法のメリットです。

行う部位によっては麻酔も変わり、カニューレの形・長さ・太さも変わってきます。なお、施術時間も部位によって大幅に変わってきます。

脂肪吸引を行っても体重は変化しない

脂肪吸引を行っても体重はそこまで変化しません。それは、脂肪自体がそこまで重くないからです。そもそも、脂肪は水に浮くくらい軽い物質のため多く吸引したとしてもそこまで体重の変化はあまりありません。しかし、脂肪は確実に吸引して除去しているので見た目の変化は大いに実感できます。

脂肪吸引後のリバウンドはあるの?

脂肪吸引後リバウンドすることはあまりありません。脂肪は1つの塊ではなく、脂肪細胞の粒子が集まってできた物質です。この細胞1つ1つが大きくなると見た目が太くなり、小さくなれば瘦せていきます。

脂肪吸引はこの脂肪の細胞自体を吸引するので、残った細胞が大きくなってしまっても太くなることはあまりありません。その点、ダイエットはやめた瞬間に脂肪細胞がもとの大きさに戻ってしまうため、リバウンドをしてしまうのです。

吸引部位のリバウンドはないが、周辺部位に脂肪がついてしまうことがある

脂肪吸引はリバウンドはしませんが、そうした施術部位の周辺に脂肪がつきやすくなります。

お腹の脂肪吸引をした場合、本来お腹に行く予定だった脂肪がお腹につこうと移動しますが脂肪細胞の数が少ないため結合できず、他の部位に流れてしまうのが原因と言われています。

そのため脂肪吸引をした部分はリバウンドの可能性が低くなるものの、他の部位の脂肪細胞が太くなる可能があるので注意してください。

脂肪吸引ができない人の特徴

①体重100㎏以上の方
②BMIが30以上の方
③肥満以外の持病を持ってる方
④瘦せすぎでとる脂肪がない方
⑤脂肪吸引での改善が見込めない方

この特徴が当てはまる方は「麻酔が正常に効かない・入れられないおそれがある」・「出血量が多くダウンタイムに過度の負担がかかるおそれがある」のため手術を受けることができません。また肥満以外にも持病がある方は手術でのリスクが高いため断られる場合もあります。

脂肪吸引後の注意点

①むくみが生じることがある

脂肪吸引後、体重が増えてしまったという口コミをよく見かけます。しかしこれは、ダウンタイムでの患部のむくみが原因と考えられます。吸引後、空いた空間に炎症やダメージが蓄積されるため、そうした症状を抑え、修復するために体はリンパ液と言う液体を大量に分泌し冷やそうとします。この時に、患部の水分量が増加することでむくみが起きてしまいます。

そのため脂肪吸引後は手術前の断食と相まって水分を大量に吸引しやすくなっており体重が増加するのです。

これは一時的な現象のため、そこまで心配する必要はありません。1ヵ月ほどで症状は治まるので、しばらくは様子をみましょう。

②暴飲暴食をしてしまうと太ってしまう

脂肪吸引はリバウンドはあまり起こらないと記載しましたが、あまりにも過剰な食事を続けてしまうと太る場合があります。そうした生活を行っていると、脂肪吸引を行っていない他の部位も太くなる危険性も高くなります。

そのため、脂肪吸引後は、低カロリーでヘルシーな食材中心にバランスがとれた食事や適度な運動を行い体格維持に励むことが大事です。

脂肪吸引を検討している方は、まずカウンセリングへ

東京美容外科では、お客様の悩みに寄り添い、共に明るい未来を作れるように日々丁寧な治療を心がけています。 肥満という悩みを解消したいのであれば、まず東京美容外科のカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー 脂肪吸引

  • LINEで送る

この記事をシェア

  • ツイート
東京美容外科公式サイト