知らずに受けてはいけない!頬の脂肪吸引の効果と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

38409350_s

脂肪吸引の中でも、顔の手術である頬の脂肪吸引は「もし、うまくいかなかったら・・・」と考えると不安になりませんか?ここでは、脂肪吸引を受けるかどうかを考えている人に役立つ情報を紹介していきます。

これを読むと、頬の脂肪吸引が自分にむいているかどうかがわかるようになります。そのほか、手術のやり方や手術後の治り方、手術のリスクや費用のことまでわかるようになります。

正しい情報を前もって知っていると、安心して脂肪吸引を受けることができるようになります。カウンセリングを受けに行く前に読んでみてください。

 1 頬の脂肪吸引の効果

ここでは、頬の脂肪吸引をうけると得られる効果について説明していきます。

1-1 小顔にみえる

頬の脂肪吸引を受けると小顔に見えるようになります。頬の脂肪のボリュームが減ることにより正面から見た時の顔の面積が小さくなり、小顔効果が得られるからです。

頬脂肪吸引(小顔)1

 

1-2 顔の輪郭がシャープになる

頬の脂肪吸引を受けると顔の輪郭がシャープになります。頬の脂肪吸引ではフェイスライン上にある脂肪も取ることができるので、脂肪吸引後は今までよりフェイスラインがはっきりするようになり、小顔効果だけでなく顔の輪郭がシャープになるというわけです。

頬脂肪吸引(シャープ)1

1-3 頬のたるみの予防になる

頬の脂肪吸引を受けると将来的に頬のたるみが出るのを予防をしていることになります。頬の脂肪が多い人の場合、年を取ると頬の脂肪がおもりになってたるみの原因となることがありますが、頬の余分な脂肪を取り除いておくことでたるみが出るのを予防することができます。

 

2 頬の脂肪吸引が向いていない人

頬をつまむとたくさんつかめる場合でも、その原因が脂肪でなければ脂肪吸引を受けても効果を期待できません。頬の脂肪吸引が向いていない人の条件を以下にまとめました。参考にして下さい。

  • 頬の皮膚にたるみがある。たるみがある人が脂肪吸引をうけると、さらにたるみが目立つようになるので細くなったようには見えません
  • 歯を食いしばった時に頬が筋肉のように硬くなる。硬くなるのは咬筋(こうきん)という筋肉が原因なので実は脂肪量は少なく、脂肪吸引をうけてもあまり変わらないことがあります
  • ほうれい線にしわがある。ほうれい線にしわがある人が頬の脂肪吸引を受けるとさらにほうれい線のしわが深くなり、ふけて見えることがあります
  • 頬がこけている。頬がこけているということは頬に脂肪が少ないということですので脂肪吸引が向いていないことが考えられます

 

医師のカウンセリングをうけると、頬の脂肪吸引が自分に効果があるかどうかを教えてくれます。ただし、中には安易に治療を勧める医師もいます。できればいくつかのクリニックをまわって複数の医師の意見を聞いた上で手術を受けるかどうかを決めるのがいいでしょう。

3 頬の脂肪吸引の手術方法

ここでは、頬の脂肪吸引がどのように行なわれているかについて説明していきます。クリニックによって多少の違いはありますので、詳細はカウンセリングの時に医師から教えてもらって確認して下さい。

3-1 麻酔方法

脂肪吸引の範囲全体に局所麻酔の注射を行ないます。頬の脂肪吸引は他の部分の脂肪吸引に比べて吸引範囲がせまいため、起きたままの状態で麻酔を受ける人もいます。麻酔注射が終わるまでの数分間は痛みがありますが、麻酔はすぐに効くので手術中の痛みはありません。

麻酔注射の痛みを感じなくてすむようにするには、点滴で眠る作用のある麻酔薬を使ってもらうと痛みをまったく感じることなく麻酔注射と手術を受けることができます。

どちらの方法が良いかは患者さんによって違うので、カウンセリングの時に医師とよく話し合って決めるようにして下さい。

 3-2 切る場所は耳たぶの裏

麻酔注射がおわると、脂肪吸引を行なうために数ミリだけ皮膚を切開します。頬の脂肪吸引の場合、耳たぶの裏を切開するクリニックがほとんどです。耳たぶの裏は傷跡がほとんどわからなくなりますし、頬までの距離が近く手術がやりやすいので切開場所として選ばれることが多いです。

画像の紫色のペンでしるしがついている部分が切開する部分です。耳たぶの裏なので傷跡がわかることはまずありません。

P1410118

3-3 手術時間は20~30分

耳たぶの裏からカニューレ(吸引管)を入れて脂肪吸引をスタートします。頬の脂肪吸引は範囲が狭いので片側10~15分で手術が終了します。左右両側の脂肪吸引の時間は20~30分もあれば終わります。吸引後に耳たぶの裏の傷口を縫合して手術は終了です。

クリニックによっては、左右両側で10分程度の脂肪吸引で手術を終えるところもあります。手術時間が短いのでたくさんの脂肪はとれないのですが、頬は元々それほど脂肪が多い部分ではないので両側10分程度の脂肪吸引でも効果が出る人もいます。この方法による脂肪吸引は組織への負担が小さいぶん、腫れやむくみなどのダウンタイムも軽くすむ傾向があります。

4 頬の脂肪吸引をうけた後の経過

ここでは、頬の脂肪吸引をうけたあとにどのような治り方をするかについて説明していきます。

4-1 1,2週間は腫れやむくみが出る

頬の脂肪吸引をうけた後の一般的な経過を以下にまとめました。個人差もあるのですべての人にあてはまるわけではありませんが、参考にしてください。

 経過日数  症状
 手術当日  腫れのせいで元より顔が大きくなっているのがわかる
 1日目  腫れのピーク。知人には絶対会いたくない感じ
 2,3日目  腫れは少しましになったが、元より顔が大きくなっているのは変わらない
 4~7日目  腫れがひいてきたのはわかるので少しは安心できるようになったが、手術の効果は全然感じられない
 8~14日目  1日1日良くなっているのがわかるようになり、友人に会っても「むくんでいる」という言い訳で通せそうな感じ
 15日目~1ヶ月  腫れはないがむくみは残っている。手術の効果はまだよくわからないが、このままいけば大丈夫と思えるようになる

このように、手術後数日間は自分自身はとても気になる状態になるのが普通です。1週間経っても腫れは残っていますが外出しても他人に違和感はないものです。2週間経つと腫れはほとんどなくなりますが、むくみのせいで治療効果はまだ実感できないことが多いです。

2週間から1ヶ月目まではむくみが残りますが、メイクでカバーすれば友人に会っても何も言われないと考えていて大丈夫です。経過の早い人であればこの頃から小顔効果を感じられる人もいます。

頬の脂肪吸引は脂肪吸引の中では体の負担がとても軽い治療ですが、顔の治療であることを考えると1週間くらいは知っている人に会わなくてすむ時期に手術を検討したほうが良さそうです。

4-2 1ヵ月後には効果が実感できる

頬の脂肪吸引をうけて1ヶ月経つと、どの人でも治療効果を実感できるようになります。しかし1ヶ月目はまだ完成の状態ではありません。見た目はおかしくなくても、さわると皮膚が脂肪吸引前より硬い感じがして自分では違和感があるかもしれません。

さわると硬いのは硬縮(こうしゅく)という症状で、異常ではなく正常な治り方をしている時期の症状の一つです。何もしなくても自然に治りますが、少しでも早く治すためにはマッサージが効果的です。硬い部分をもみほぐすように、1日5分でいいのでマッサージをやるようにしましょう。

4-3 3ヵ月後にはほぼ完成の状態

頬の脂肪吸引を受けて3カ月経過すれば完成の状態になっているといえます。見た感じもさわった感じも自然になっているはずです。脂肪吸引の効果は体重が増えないように気をつけていれば永久的につづきます。そのかわり急激に痩せると頬がこけやすい状態にもなっています。暴飲暴食や無理なダイエット、どちらもやらないように気をつけましょう。

5 頬の脂肪吸引のリスク

ここでは、頬の脂肪吸引でおこりうるリスクについて説明していきます。実際には成功例がほとんどで、おこりうるリスクの確率は1%以下と考えていいのですがリスクについても事前に知っておくようにしましょう。

 5-1 頬がこけて見える

頬の脂肪吸引を受けて頬がこけて見えるリスクがあります。原因は脂肪のとりすぎです。脂肪を取りすぎた場合、こけた部分が自然に治ることはありません。

その理由は脂肪吸引では脂肪細胞そのものを取りのぞくので、こけた部分を治そうとして太ろうとしても、脂肪細胞の数が減っているのでかなり太りにくい状態になっているからです。

こけた状態を治すための脂肪注入による修正手術もありますが、1回で満足のいく結果になることは少なく、何度か再手術が必要になることが多いので、脂肪のとりすぎで頬がこけて見えないように対策することが重要です。

カウンセリングの時に、『小顔にはなりたいが、こけて見えるほど脂肪を取らないでほしい』と医師にはっきりと伝えておくようにすればいいでしょう。

 5-2 あまり変わらない

頬の脂肪吸引を受けたのにあまり変わらないリスクがあります。原因は元々脂肪が少なく、頬の脂肪吸引が向いていなかった。または、手術で余分な脂肪を取り除くことはできたが頬の筋肉が発達しているために脂肪だけを減らしてもすっきりしなかった。などが考えられます。

脂肪吸引をうけても効果が期待できないほど脂肪量が少ないのに手術を行って変化が得られないのは当然でもあります。カウンセリングの時に医師とよく話し合って手術の効果が本当にあるのかどうかよく確認するようにしましょう。

頬の脂肪をきちんと取り除いたのにスッキリ見えない場合、頬にある咬筋(こうきん)という筋肉が発達しているのが原因である場合があります。その場合、咬筋(こうきん)を少し痩せさせるとスッキリ見えるようになることがあります。

咬筋(こうきん)を痩せさせるにはBotox(ボトックス)という薬を咬筋に注射するのが効果的です。手術ではないので効果は永久的でなく、定期的に通院して注射してもらう必要があります。

ボトックスは気軽に受けられる治療ですし、治療費も手術に比べると安価ですが、長期的にみるとトータルで払うことになる金額は大きいので、カウンセリングの時にボトックスの必要性についても医師に質問しておくのがいいと思います。

5-3 たるみが出る

頬の脂肪吸引を受けて頬にたるみが出るリスクがあります。原因は脂肪のとりすぎです。たるみが出た場合、たるみが自然に治ることはありません。

小顔になろうとするあまり、『できるだけたくさんの脂肪を取ってもらいたい』と考える気持ちは理解できるのですが、本当にそうしてしまうと修正できないほどのたるみが出るリスクが高くなります。

カウンセリングでは医師に、『余分な脂肪を取って小顔になりたいけれど、たるみが出るのは絶対に避けたい』と希望を伝えておけば脂肪のとりすぎでたるみが出ることはまずないでしょう。

ここでは、頬の脂肪吸引のリスクを紹介しましたが「うける前に必ず確認!脂肪吸引のリスク全27項目と対策」ではすべてのリスクを紹介していますのでより詳しく知りたい方は読んでみてください。

6 頬の脂肪吸引の費用

脂肪吸引の費用はクリニックによって差があります。大手クリニック5院、個人クリニック15院の頬の脂肪吸引の費用をしらべたところ、最安値は77,998円、最高値は407,992円、中央値は221,893円という結果でした。(2015年5月時点)

最安値と最高値の料金幅が大きいのは、クリニックによって麻酔方法やサポート内容などに違いがあるため同じ治療名であっても費用に差が出る要因となっています。

カウンセリングを受けたときには、『高いから任せられる』、『安いからお得』と考えるのではなく、麻酔方法やアフターケアの内容、保証の有無など治療費に含まれる内容を確認して自分が納得できる脂肪吸引を適正価格で受けるようにしましょう。

ここでは、頬の脂肪吸引のことを述べましたが、脂肪吸引の値段について知りたい方は「脂肪吸引の値段相場と質の高い治療を受けるために必要な知識 」にさらに詳しく説明がありますのでこちらも読んでみてください。

 まとめ

脂肪吸引の効果は一時的なものではなく、一度治療を受けるとその効果はずっと続くものです。良い結果が得られたときはいいのですが、そうではない時はとても困るわけですから、良い治療を受けていただきたいと思います。

顔は元々それほどたくさんの脂肪があるわけではないので脂肪吸引が向いているかどうかの判断がとても大事です。取りすぎても、取らな過ぎてもどちらでも悪い結果になってしまうリスクがあります。

患者さんが希望すれば安易に治療を引き受けるクリニックも残念ながら存在します。頬の脂肪吸引が自分に向いているかどうかを正しく判断するためにも、何件もカウンセリングをうけることをおすすめします。

 

カテゴリー 脂肪吸引

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メールによる無料相談受付中!

フォレストクリニック院長の藤井です。
最後まで記事をお読み下さいまして、ありがとうございました。

現在、脂肪吸引についてお悩みの方のためにメールによる無料相談を受け付けています。

もしあなたが、記事を読んでも以下のような不安がある方はぜひ無料相談にお申込みください。

・脂肪吸引をしたいけれども不安がある
・自分が脂肪吸引をやるべきなのか知りたい
・クリニックに行く前に疑問点を解決したい


メールによってあなたがお悩みのことを気軽にご相談いただけます。
どんなささいな悩みであっても、あなたにとっての不安を必ず解消できるお手伝いをさせていただきます。

※ご質問いただいてから24時間以内に回答させていただきます。
無料相談受付フォーム

医師が教える美容ゼミの 購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントはこちらからどうぞ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-471-245(朝10時から夜7時まで)