脂肪吸引で成功するためのクリニック選びの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

脂肪吸引をうけようと考えたものの、どのクリニックを選べばいいかわからない・・・そんな人も多いのではないでしょうか?その理由は、ネットを見るとたくさんの美容外科クリニックが見つかるし、脂肪吸引の情報もいっぱいあふれているけれど、どの情報を信じればいいかの判断ができないからではありませんか?

せっかく脂肪吸引を受けるのであれば絶対に失敗なんかされたくありませんよね。そこで今回は、脂肪吸引を受けようと思っている人がクリニック選びをするときに絶対に知っておいたほうがいい注意点を説明していきます。これを読むと、成功率が高いクリニック、やめておいたほうがいいクリニックを見分けられるようになります。脂肪吸引のカウンセリングを受けに行く前にぜひ読んでください。

1 クリニックでなく医師でえらぶ

脂肪吸引を受けるときはどのクリニックを選ぶかではなく、どの医師に脂肪吸引を任せるかを考えるようにしてください。その理由は、手術をするのはクリニックではなく美容外科医だからです。医師によって治療方針、経験や技術力に差があるわけですから自分に合う医師選びをすることは脂肪吸引で成功するための必要条件です。ここでは、どのような医師を選べばいいのかを説明していきます。

1-1 話してみて自分と相性が合う医師

自分の脂肪吸引を担当してくれる医師との相性は非常に大切です。その理由は、脂肪吸引は受けてすぐに仕上がりが得られるわけではなく、完成まで何か月も時間がかかりますし、術後の圧迫などのやるべきケアもあります。完成までの期間には、『本当に細くなるのだろうか・・・』と不安になってしまう時期もあるはずです。その時に担当医が信頼できる人柄であれば無用の心配をしなくても済みますし、脂肪吸引後に守るべき注意点も信頼している医師の言うことであればきちんと守ろうと考えて結果的に正しいケアを行うことができるからです。

自分と医師の相性が合うかどうかの判断はとても簡単です。アメリカの心理学者であるズーニンは『人の第一印象は最初の4分で決まる』と発表しています。カウンセリングの最初の5分間であなたが感じた医師への印象であなたとの相性が合うかどうかを決めてしまって構いません。判断の仕方は好きか嫌いかだけで決めて大丈夫です。

例えば、自信満々の話し方をする医師のことを『頼りがいがある!』と感じる人もいる一方で『傲慢だ・・・』と感じる人もいますよね。優しい話し方をする医師のことを『安心できる』と感じる人もいれば『自信がなく頼りない』と感じる人もいます。人に対する印象の受け止め方は人それぞれですから、他の人にとって『感じのいい人』があなたにとっても感じのいい人であるとは限りません。有名である、人気があるなどでなく、あなたと合うかどうかで判断して大丈夫ということなんです。

1-2 自分の希望を理解してくれる医師

脂肪吸引に期待している効果は人によって違うものです。『脂肪吸引を受けて自分はこうなりたい』、『ここまでの効果がないと脂肪吸引を受ける意味がない』など、自分なりの希望がどの人にもあるはずです。その希望をわかってくれる医師の手術を受けなければ成功はありえないわけですから、医師にはあなたの希望を理解してもらう必要があります。

しかし、美容外科医の中には自分の方針を持っていてどんな患者さんにも自分の方針で治療を行う人もいます。その方針があなたの希望と合っていれば何の問題もありませんが、医師の方針とあなたの希望に違いがあった場合は満足できない結果になるのは当然のことなのです。

そこで、カウンセリングではあなたがどのような脂肪吸引を受けたいのかをできるだけ具体的に医師に伝えるようにしてください。いくら経験のある美容外科医でも初対面の患者さんから何も教えてもらわずに希望を瞬時に当てられるということは絶対にありません。あなたが説明してあげないと医師はわかってくれません。

自分の希望を医師に話したときに、面倒そうに話を聞く態度の医師は論外ですし、患者さんの希望を叶えてあげたいと情熱を持っている医師はあなたの話に興味をもって聞いてくれるものです。自分の希望を伝えるという作業は脂肪吸引で成功するために絶対に必要なことですから遠慮しないで話すようにしてください。

1-3 脂肪吸引の診断力が高い医師

自分の希望を具体的に医師に伝えて、その内容を医師が理解してくれたとしても、手術で希望を実現できるかどうかは別問題です。あなたの希望が脂肪吸引で実現できるかどうかを医師に正しく診断してもらう必要があります。

医師が正しい診断をするためには執刀医としてたくさんの経験を積んでいることが不可欠です。その理由は、今までに多くの患者さんに接してきた医師というのは患者さんから様々な要望を受けて治療を担当してきています。そして、結果に満足してもらえたケースもあれば、最大限のことをしても満足してもらえなかったケースも体験しているものです。

そのような、患者さんに満足してもらえた時とそうでなかった時の両方の体験の積み重ねによって、医師は高い診断力を身に着けていきます。診断力の高い医師かどうかを見分ける目安としては以下を参考にしてください。

“脂肪吸引の診断力の高い医師を見分ける目安”

  • 美容外科医歴が5年以上
  • 脂肪吸引の症例数が500例以上
  • 同じクリニックでの勤続年数が3年以上

 

【美容外科医歴が5年以上】

医師が脂肪吸引の正しい診断ができるようになるまでには、脂肪吸引に取り組むようになって5年以上の経験が必要だといえます。その理由は、脂肪吸引を受けて仕上がりの状態になるまでには早くても3か月、平均は6か月、時間がかかる人は1年ほどの期間がかかります。自分が担当した患者さんの結果がどうなったかを把握し、満足してもらえたケース、正しい治療を行っても満足してもらえなかったケースの両方を十分に経験するには5年以上の診療体験が必要だからです。

【脂肪吸引の症例数が500例以上】

脂肪吸引の正しい診断力を美容外科医がもつようになるには今までに担当した症例数も大事です。目安で言うなら500例以上は必要と言えます。その理由は、脂肪吸引を受ける患者さんの体格、体質は様々なので、同じ部分の脂肪吸引でも治療効果の予測は検査などで前もって診断できるわけではなく、診察時に医師の“カン”で推測できる程度なのです。そのため、正しい診断のためには医師の今までの体験が物を言います。正しい診断をするためには少なくても500例以上の症例数が必要です。

【同じクリニックでの勤続年数が3年以上】

美容外科医歴5年以上、脂肪吸引の症例数500例以上の条件を医師が満たしていたとしても、職場を転々として自分が担当した患者さんの術後をきちんとフォローしたことのない医師には正しい診断力がついているとはいえません。目安としては同じ職場での勤続年数が3年以上の医師であれば患者さんのはじめから終わりまでの経過と結果をフォローしてきていて、診断力も身についていると考えることができます。

全国チェーン型のクリニックの場合、クリニックの分院にシフト制で出張勤務している医師もたくさんいます。そのような医師は職場の勤続年数が長く、症例数が多くても一人の患者さんのフォローはあまりしたことがないことも考えられます。カウンセリングから手術、術後の診察、検診まで責任をもって担当している医師でなければいけません。

1-4 脂肪吸引の技術力がある医師

自分と相性が合い、自分の希望を理解してくれて、脂肪吸引を受ければ満足できると医師が診断してくれたとしても医師に技術力がなければ脂肪吸引の効果を手にすることはできません。成功するためには脂肪吸引の技術力のある医師を選ぶことが必要条件になります。では、美容外科医に脂肪吸引の技術力があるかどうかはどうやって判断すればいいかというと、それは症例写真です。症例写真を見ると医師の技術力だけでなく医師のセンスも知ることができます。

 

脂肪吸引の症例写真を見てわかること

  • その医師の脂肪吸引のセンス
  • その医師の脂肪吸引の技術力

 

【その医師の脂肪吸引のセンス】

脂肪吸引の症例写真を見ると、医師の脂肪吸引のセンスを知ることができます。脂肪吸引は余分な脂肪を吸い取る手術ですから、標準的な脂肪吸引の技術力をもつ医師であれば誰でも今より細くすることができます。

しかし、『今より細くなる』=『今よりキレイになる』というわけでもないのが脂肪吸引です。今より細くするには余分な脂肪をしっかり取り除く必要があります。今よりキレイにするにはどこをどのように吸引するかのデザインを考えることが必要です。

つまり、キレイに細くするにはデザインをきちんと考えてしっかり脂肪を取らなければいけません。それが形になってあらわれたのが症例写真です。クリニックの宣伝用の症例写真は技術力とセンスをアピールするために一番良い写真が使われているはずです。

症例写真を見て『これはいい!』と感じたら、その医師のセンスはあなたに合っていてあなたにとって良い医師である可能性が高いといえます。反対に、たくさんの症例写真が紹介されていても『数だけはすごいけどどれもあまりいいと思わない・・・』と感じた場合はその医師の手術を受けても満足できない可能性が高いと予想されます。

症例写真を見る時は、検討している医師の症例写真を見ることが大切です。大きいクリニックの場合、たくさんの患者さんが手術を受けているので多くの医師が担当した症例写真が紹介されています。たくさん医師がいても手術をうけるのはそのうちの一人なのですから、検討している医師の症例写真で判断するようにして下さい。

【その医師の脂肪吸引の技術力】

脂肪吸引の症例写真を見ると、医師の技術力を知ることができます。症例写真を見ていると、細くなっているけれどよく見ると凹凸ができていたり、形がいびつになっていることに気付くことがあります。または、脂肪吸引前後の写真を比べてもそれほど変わっていないこともあります。

これから脂肪吸引を検討している人に見てもらうための症例写真は医師の技術力が精一杯アピールされたものが選ばれています。選抜された症例写真がうまくできていないということはその医師に技術力があると判断することはできませんよね。

細くはなっているけれどよく見ると凹凸がある、形がいびつである場合、その医師は『脂肪をいっぱい取れば患者さんは喜んでくれる』という考えのもとに手術を行っている可能性があります。患者さんを細くしてあげたいという気持ちがあっても、それを実現する技術力はないと考えてよいといえます。

凹凸や形がいびつになってはいないけれど、あまり細くなっていない場合、担当医は手術を成功させることよりも失敗しない控えめの吸引を行なっていることが考えられます。失敗されるよりもましかもしれませんが、結果に満足できないわけですから技術力があるとはいえません。

症例写真をみると、担当医の脂肪吸引のセンスと技術力を知ることができます。ここで、症例写真を見るときの注意点について説明します。

症例写真を見る時は、ビフォーアフターが同じ条件で撮影されているかを確認して下さい。ビフォーは近い距離から撮影、アフターは離れたところから撮影というのでは細くなっているように見えて当然です。また、ライトの当て具合で肌がきれいに写ることもあるので写真の撮影条件が手術前と手術後が同じでないと判断材料として意味がありません。

 

2 手術の申し込みをする前に知っておくべき注意点

候補の医師のカウンセリングをうけて十分に納得できた場合は手術の申し込みをしても構いませんが、ほかにも検討している医師がいる場合や、十分に納得できたとは言い切れない場合は申し込みはしないでいったん帰ってよく検討するようにしてください。ここでは、カウンセリングを受けに行ったときに知っておくべき注意点を紹介していきます。これを読むと選んではいけないクリニックがわかるようになります。

2-1 カウンセリング当日に手術を勧められても絶対に受けない

脂肪吸引は美容外科で行う治療メニューの中では比較的大きい手術の部類に入ります。そのため、安全に治療を行うためには患者さんの健康状態のチェックのための血液検査が必要です。血液検査は貧血があるかどうか程度を調べるのであればすぐに結果が出る場合もありますが、それだけでは術前検査として不十分です。

貧血の有無のほかに肝臓や腎臓に問題がないか、血糖値に異常はないか、血液の止まりやすさに異常はないかなどをすべて調べようとすると、総合病院の救命救急でもない限り、当日には結果が出ません。つまり、カウンセリング当日に手術ができますと言ってきたクリニックは行うべき検査をしないで手術をやろうとしているので安全意識が低く選んではいけないクリニックということができます。

2-2 『最新式』『当院独自の』の脂肪吸引につられない

クリニックの中には、『最新式』『当院独自の』脂肪吸引をうたっているところもあります。他のクリニックでは行われていない方法による脂肪吸引だから効果もすごいのではないかと期待してしまいますが宣伝文句につられないようにしてください。

『最新』が『最良』であるとは限りません。新しい方法ではあるけれど、実際にやってみたら患者さんにとってのメリットは特になく、クリニックにとって集客効果が高いことがメリットというのはよくあることです。『当院独自の脂肪吸引』についてですが、本当に良い方法であれば学会で発表されて、医学界で認められれば世界中にその方法が広まっていき、標準的な治療法として統一されます。つまり、医療の世界には企業秘密など存在しないのです。

脂肪吸引をうけたい!と前のめりの気持ちでいると、手術の申し込みをすべき理由を自分で探してしまって『最新=最良』『独自の方法=ここでしか受けられないプレミアム治療』と思い込みがちです。そしてカウンセリング後に女性カウンセラーから背中を押されると今すぐ申し込みをしないと損をしてしまうような気分になってしまうこともありますが冷静に検討するようにしてください。

美容外科の治療に緊急性はないのですから、決断を急いであとあと後悔するようなことは避けるべきですし、他のクリニックで採用されていない方法というのは効果や安全性がまだわかっていなかったり、採用するメリットがないなど、なんらかの理由があるから広まっていないと理解するようにしてください。

脂肪吸引の方法についてもっと詳しく知りたい方は、知っておきたいベイザーと通常の脂肪吸引の違いや、脂肪吸引ってどんな手術?手術方法と各手術方法の特徴の違いも参考にしてみてください。

 

2-3 費用の安さやモニター料金につられない

脂肪吸引の費用は高額ですから、治療費のことも気になると思います。脂肪吸引にかかる治療費を少しでも安くおさえたいと考えている人にとっては通常より安く受けられるキャンペーン料金やモニター料金はとても魅力的に感じてしまうのではないでしょうか?

でもよく考えてみてほしいのです。同じ品質の治療がどうして安く受けられるのでしょうか?安くなっているのはなにか理由があるからと考えたほうがいいと思うのです。

脂肪吸引はきちんとした治療を受けることができれば、その治療効果は半永久的に持続します。今まで気にしていた部分が気にならなくなって自分に自信をもってこれからを生きていけることを考えれば、安く受けることより高品質な治療を受けてずっと満足できることを優先したほうがいいと言えます。

とはいえ、費用が高いから安心できるとも限りません。費用が高いだけで中身がともなっていないこともあります。ただ、費用が安いのに高品質な治療というのは残念ながら存在しません。

脂肪吸引の費用についてさらに詳しく知りたい方は脂肪吸引の値段相場と質の高い治療を受けるために必要な知識を、脂肪吸引のモニターについてさらに詳しく知りたい方は脂肪吸引モニターは本当にお得?前もって知っておくべき知識も参考にしてみてください。

2-4 カウンセラーの説得に応じない

美容外科クリニックに足を運んで医師のカウンセリングを受けたものの、まだ決心がつかないのでいったん帰って検討したいと申し出た時には、女性カウンセラーが熱心に補足説明をしてくれたり、不安がなくなるように今までに対応した患者さんとのエピソードを話してくれることがあるかもしれません。しかし、その日は申し込みをしないで帰ってください

なぜいったん帰って検討しようと考えたかというと脂肪吸引を受ける決心がつかなかったからです。なぜ決心できないかというと不安が残っているからです。なぜ不安が残っているかというとカウンセリング担当医の説明では安心できなかったからです。手術を行うのは医師なのですから、女性カウンセラーの説得に応じて一時的に納得して手術を受けても結果に不満が残った時に女性カウンセラーが責任を取れるわけではありません。

そもそも、脂肪吸引の手術は今すぐ受けないといけないものではなく、じっくり検討して受けるかどうかを決めていいものです。にもかかわらず女性カウンセラーが熱心な対応をするのはあなたのことを親身になって考えているからではなく、クリニックの売上向上に貢献して組織の一員として評価されたい、もしくはあなたが手術を申し込めば自分の給料に反映されるなどのメリットがあるからと考えるほうが合理的ではないでしょうか。

親身になって対応してくれるカウンセラーさんも存在するとは思いますが、不安が残っている時に手術を受ける決断をすることはありません。迷ったときは申し込まずに帰るようにしましょう。

まとめ

脂肪吸引を受けるときに頼りにしてもいい医師の選び方、カウンセリングを受けに行ったときのクリニックでの注意点を書かせていただきました。自分に合う医師に出会って質の高い脂肪吸引を受けて大満足されることを祈っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー 脂肪吸引

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メールによる無料相談受付中!

フォレストクリニック院長の藤井です。
最後まで記事をお読み下さいまして、ありがとうございました。

現在、脂肪吸引についてお悩みの方のためにメールによる無料相談を受け付けています。

もしあなたが、記事を読んでも以下のような不安がある方はぜひ無料相談にお申込みください。

・脂肪吸引をしたいけれども不安がある
・自分が脂肪吸引をやるべきなのか知りたい
・クリニックに行く前に疑問点を解決したい


メールによってあなたがお悩みのことを気軽にご相談いただけます。
どんなささいな悩みであっても、あなたにとっての不安を必ず解消できるお手伝いをさせていただきます。

※ご質問いただいてから24時間以内に回答させていただきます。
無料相談受付フォーム

医師が教える美容ゼミの 購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントはこちらからどうぞ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-471-245(朝10時から夜7時まで)