男性でも脂肪吸引はできる?男性の脂肪吸引の効果と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

43214180_s

男性の中にも、脂肪吸引をうけて気になる部分を治したいと考えている人がいると思います。

でも、脂肪吸引のことを調べてみるとほとんどの情報が女性向けに作られていますよね。モニター写真も男性のものはなかなか見当たりません。

脂肪吸引を受けているのは圧倒的に女性のほうが多いのは事実ですが、男性でも脂肪吸引をうけている人はいます。ここでは、男性が脂肪吸引をうけることになった場合に知っておくべき効果と注意点を説明していきます。

これを読むと、自分に脂肪吸引が向いているかどうかを判断できるようになります。そして脂肪吸引をうけることになった場合は、知っておくべき知識をもっていることで不安なく術後を過ごすことができます。ぜひ参考にしてください。

1 脂肪吸引の効果

1-1 確実に今より細くなれる

脂肪吸引をうけると、確実に今より細くなることができます。その理由は、脂肪吸引では気になる部分の脂肪を手術で直接取りのぞくので吸引された脂肪の体積分は必ずお腹からなくなるからです。

取る脂肪の量は多ければ多いほど効果が高くなるわけではありません。取り過ぎると凹凸やたるみが出て失敗の原因になります。皮膚の弾力性や骨格を考慮して不要分の脂肪をしっかりと取り除くことが重要です。

1-2 効果が永久に持続する

脂肪吸引をうけて得られた効果は、永久に持続します。脂肪吸引は脂肪細胞そのものを吸い出して取り除くという治療です。脂肪細胞の数は大人になってから増えることはないので脂肪がなくなった部分はずっと細い状態がつづきます。

ここで、脂肪吸引の原理をイラストを用いて説明します。脂肪吸引をすると脂肪細胞の数が減ります。減った脂肪の体積が脂肪吸引で細くなる分量となります。細胞の数は決まっていますのであとで勝手に細胞が増殖するということは起きません。そのため、1回脂肪吸引を受けるとその効果は永久に続くというわけです。脂肪の図(吸引後)

1-3 他のどんな方法より効果が高い

脂肪吸引は、運動や食事制限、瘦身エステ、脂肪溶解注射や瘦身レーザーなど他のどんな方法よりも一番効果が高く、脂肪吸引より優れている部分痩せの方法は存在しません。その理由は、余分な脂肪を直接取り除ける方法は脂肪吸引だけだからです。

運動や食事制限、瘦身エステなどによるダイエットでは、脂肪細胞の数は変わりません。脂肪細胞が小さくなることで細くなります。その様子をイラストで示してみました。ダイエットが成功した時は細くなれますが、細胞の数は変わっていないので元に戻る可能性もあります。脂肪の図(ダイエット)

ダイエットに成功しても効果をキープするには運動や食事制限、エステ通いをずっと続けるしかありません。しかし実際には、ずっと運動や食事制限、エステ通いを続けることは不可能です。そのため、せっかく脂肪細胞を小さくすることができても元に戻るケースが多くなります。

脂肪溶解注射や瘦身レーザーは脂肪細胞を破壊するので脂肪細胞の数を減らすことができるといわれています。しかし減らせる脂肪細胞の数が少ないので効果を実感できないことが多いのが現実です。満足できなかった人が次に脂肪吸引をうけているケースも多くあります。

以上から、気になる部分を細くするには脂肪吸引が一番効果が高く、その他の方法で脂肪吸引に勝る方法は存在しないといえます。

1-4 太りにくく、痩せやすくなる

脂肪吸引を受けた部分は太りにくく、やせやすい状態になります。ではここで、脂肪吸引を受けると太りにくくなる原理についてイラストを用いて解説していきます。

たとえば、脂肪吸引前に10個あった脂肪細胞が手術によって3個になったとします。脂肪吸引後に太るような生活を送った場合、3個の細胞が大きくなるので少し太ります。しかし、細胞数が少なくなっているので多少太ったとしても細胞が10個あった時より細い状態でいられるので、脂肪吸引後は太りにくい体質になれるわけです。脂肪の図(太りずらい)

次に、脂肪吸引を受けると痩せやすくなる原理を説明していきます。元々10個あった脂肪細胞が脂肪吸引で3個に減ったあとに、自分でダイエットをがんばると、残りの3個の細胞がさらに小さくなります。元々10個あった細胞が3個になって、さらに細胞が小さくなれば元の状態よりすごく細くなったことになりますよね。脂肪の図(痩せやすい)

これに近い効果を脂肪吸引をしないでダイエットで得ようとすると、10個の細胞がすごく小さくならないといけません。脂肪の図(吸引と同じぐらいダイエット)

このように、実際には自力でどんなにダイエットをがんばっても、脂肪吸引後にふつうにダイエットをした時の効果には勝てないのが現実です。つまり、脂肪吸引を受けたからこそ痩せやすい体質になったと言えるのです。

2 男性の脂肪吸引の特徴

脂肪吸引には確実に細くすることができる、効果が永久的、他のどんな方法より効果が高い、太りにくく痩せやすい体質になれるというメリットがあります。しかし、男性の脂肪吸引ならではの特徴がありますので、事前にしっかりと確認するようにしましょう。ここでは、男性の脂肪吸引の特徴を説明していきます。

2-1 女性に比べると脂肪吸引できる部分が少ない

男性の脂肪吸引は女性に比べると脂肪吸引ができる部分が少ないといえます。その理由は、男性は女性よりも皮膚が厚いこと、筋肉が多いことが主な理由です。

こちらの画像をごらんください。力を入れていない状態では脂肪がいっぱいついているように見えます。P1410250

しかし、力を入れた状態でつまむと、つまめる量は少なくなっています。つまり、つまめていた部分の多くは脂肪ではなく、弛緩した筋肉と皮膚であったことがわかります。P1410251

このように、男性は女性に比べると筋肉が多い、皮膚が厚いために脂肪吸引で効果が期待できる部分が少ないといえます。男性が脂肪吸引を受けて効果が期待できる部分は「頬、あご下、お腹、胸」といった感じです。

しかし、太く感じる部分が皮下脂肪が原因でなく、たるみや内臓脂肪が原因で太って見える場合は手術がむいていません。今度はこちらの画像をごらんください。お腹をつまんでみるといっぱい脂肪がついているように見えますよね。P1410258

しかし、お腹に力を入れるとこの通り、つまめる量が少なくなっています。男性は皮下脂肪よりも内臓脂肪が多い人が多く、腹筋に力が入っていない時は内臓のふくらみをつまんで皮下脂肪と思ってしまうことも多いのです。P1410257

このような場合は脂肪吸引をうけてもそれほど効果は期待できません。カウンセリングの際に医師の診察をうけて治療を受けて効果が期待できるかどうかの説明をよくうけることをおすすめします。

2-2 女性に比べると変化度が小さい

男性が脂肪吸引を受けても、女性が脂肪吸引を受けたような変化は得られないケースが多いといえます。その理由は、男性は女性よりも皮膚が厚い、脂肪と筋肉の割合を考えると筋肉が占める割合が高い、お腹の場合は皮下脂肪よりも内臓脂肪の割合が高いからです。

自分でつまんでみると皮下脂肪がたくさんついているように思えますが、皮膚の厚み、弛緩した筋肉、お腹の場合は腹筋の下にある内臓のふくらみを触って皮下脂肪と勘違いしていることも多いのです。

そのため、男性が脂肪吸引をうけても女性のような変化度は得られないことが多いと理解しておく必要があります。実際には、カウンセリングを受けに行った時に医師の診察を受けて脂肪吸引がむいているかどうかを診断してもらうようにしましょう。

※注意
カウンセリングに来てくれた患者さんに安易に脂肪吸引をすすめる医師も中にはいます。いくつかのクリニックをまわって複数の医師の意見を聞いた上で手術を受けるかどうかを決定することをおすすめします。

 2-3 男性を受け入れていないクリニックもある

美容外科クリニックの中には、男性患者さんを受け入れていないクリニックもあります。美容外科クリニックを訪れる患者さんの多くは女性であるため、女性患者さんが男性に会いたくないと思っているという配慮から男性患者さんを受け入れていない場合があります。

その場合、電話で問い合わせをしても『男性は脂肪吸引をうけても効果がない』と説明を受けることもあるようです。診察をしてみないと効果があるかどうかは判断できません。男性患者さんを受け入れていないからそのように回答しただけかもしれません。したがって、電話問い合わせだけで結論を出すのはやめましょう。

カウンセリングを受けることになった場合、女性患者さんに会いたくないと考えている人もいるかもしれません。その場合は予約の電話をした時に個室待合室に案内してもらうように依頼してみる、予約が空いている時間帯に予約を入れてもらうなど、女性患者さんと顔を合わせたくないことを伝えると対応してもらえることがあります。

 3 男性が脂肪吸引をうけた後の経過の特徴

ここでは、男性が脂肪吸引をうけた時の男性特有の術後経過について説明していきます。

3-1 お腹の脂肪吸引後は陰のうまでむくみがでる

お腹の脂肪吸引を受けたあと、陰のうまでむくみが出ることがあります。その理由は、重力によってむくみが下にさがるからです。脂肪吸引後1,2週間はお腹全体に腫れが出ます。脂肪吸引を受けた部分に腫れが出ることは異常ではなく正常な経過です。

お腹に出た腫れが重力によって下にさがることによって下半身にむくみが出ることが多く、特に柔らかい組織にむくみは強く出ます。男性の場合、下半身で陰のうは柔らかい組織なので、手術後に陰のうまでむくみが出ることがあるのです。

むくみの程度には個人差がありますが、むくみが強く出る人の場合は通常時の2,3倍くらいの大きさになることもあります。むくみが強く出たとしても後遺症が残るわけではありませんし、必ず治るので心配はいりません。

【対策】

下着はトランクス型でなくブリーフタイプを使うようにすると、むくみを軽減させることができます

 3-2 頬・あご下の脂肪吸引後はヒゲが剃りにくい時期がある

頬やあごの下の脂肪吸引を受けたあとの1,2週間はヒゲが剃りにくい時期があります。その理由は、手術後に出る腫れによって頬やあごの下の形が術前と変わっていること、痛みがある時期はヒゲ剃りの時に肌にふれるのがストレスになるからです。腫れ、痛みがなくなれば今までと同じようにヒゲを剃れるようになります。

【対策】
手術の数日前にひげの脱毛をうけておく

手術当日に脱毛の施術を受けるのは皮膚に負担がかかるので避けるべきです。手術の数週間前に脱毛を受けても手術前にはひげが伸びてしまっているので意味がありません。したがって、手術日の2,3日前に脱毛を受けることをおすすめします。
(注意)
手術を受けるクリニックと脱毛を受けるクリニックが違う場合は手術日に脱毛を受けたことを担当医に申告するようにしてください

 3-3 体毛の多い部分は手術後に吹き出物ができやすい

手術後、体毛が多い部分は吹き出物ができやすい状態になっています。その理由は、脂肪吸引後数日間は圧迫下着で患部を圧迫するのでシャワーに入れないため、肌を清潔に保ちにくいからです。

顔の脂肪吸引の場合は痛みのせいでいつものように洗顔ができない可能性もあります。吹き出物ができてしまうと、色素沈着が残る可能性があります。吹き出物ができないように前もって対策をしておくことをおすすめします。

【対策】

  • 手術日の数日前に脱毛をうける
  • 手術前日に毛を剃っておく

※普段剃りなれていない部分を剃るとカミソリ負けを起こす可能性があります。カミソリ負けを起こした部分に脂肪吸引後の圧迫を行なうと、かゆみが強く出る確率が高くなります。

普段から毛をそる習慣がないとうまく剃れないという方もおられるのではないでしょうか。毛を剃る場合は、手術日が決まったらカミソリ負けを起こさずに毛を剃れるか、練習してみることをおすすめします。

4 男性の脂肪吸引の費用

手術費用はクリニックによって差があります。大手クリニック、個人クリニック全6クリニックの中央値を調べたところ、胸45万円、頬、あご下各28万円、お腹80万円でした。男性の脂肪吸引の費用は女性に比べて割高となっていることが多いようです。

その理由は、男性は女性患者さんより体格が大きいので手術管理が大変になること、使用する薬剤の量も多くなるので材料費が高くなること、男性患者さんを受け付けていないクリニックもあるので手術が受けられるクリニックが女性より限られるので自由競争の度合いが女性の場合より起きにくいことなどが考えられます。

これから手術を検討している人にとって脂肪吸引の費用はとても気になるところですが、一番大切なことは治療を受けて満足することです。予算内で手術を受けられても結果に満足できなかったのではその費用は安く済んだとはいえません。

質の高い費用を適正価格で受けるために、カウンセリングを受けたときには、麻酔方法、アフターケアの内容、保証の有無など、治療費に含まれる内容を確認して自分が納得できるクリニックを選ぶようにしてください。そのためには、信頼できる医師にめぐりあえるまでクリニックにカウンセリングに出向くことをおすすめします。

5 男性の脂肪吸引で効果を最大化するための注意点

ここでは、男性の脂肪吸引で効果を最大化するために知っておくべき注意点を説明していきます。脂肪吸引を受けて1ヶ月経過すればダイエットを開始してもいいので、さらに結果を良くするためにぜひ実践してみて下さい。

今までの生活習慣を見直してみる

脂肪吸引の効果を最大限に出すためには、今までの生活習慣で改善すべき点はないか見直す必要があります。改善すべき点があるなら脂肪吸引後は生活習慣を変えていきましょう。脂肪吸引をうけて細くなったとしても、生活習慣に問題があるなら脂肪吸引の効果は一時的なものになってしまいます。

以下に太りやすい人にありがちな間違った生活習慣をあげてみました。あてはまる項目がある場合は脂肪吸引後は改めると手術を受ける前に決意して実行して下さい。

太りやすい人にありがちな間違った生活習慣

  • 食事はお腹いっぱいになるまで食べてしまう
    【アドバイス】空腹感がなくなったら食事を終えましょう。そのあと空腹になった時は少し食べても構いません。つまり、こまめに何回も食事をとるほうが太りにくくなります
  • 飲んだあとのしめにラーメンを食べることがある
    【アドバイス】寝る前3時間前以降は何も食べないと自分と約束する
  • 食事内容のバランスよりその時に食べたいものを優先している
    【アドバイス】食べたいものより食べないほうがいいものを食べない、食べたほうがいいものを食べることを優先するようにしてください
  • 今は必要がないものでも、いつか食べるかもしれないと考えてついつい買ってしまっている
    【アドバイス】必要になった時にそのつど買い物に行くほうが体を動かす機会を作ることができます。在庫があれば食べてしまうので食料の在庫は部屋に置かないと決める
  • 仕事で疲れているのに運動なんかできない
    【アドバイス】運動をしないから体力がなく仕事で疲れやすいのです。自宅で週に2回の運動を習慣化してください

 生活習慣の具体的な改善のしかた

生活習慣を変えたほうがいいことがわかっても、実際にどのように改善すればいいのか方法がわからないという方もおられると思います。こちらの画像をごらんください。こちらの画像は、僕の友人がお腹の脂肪吸引を受けてくれたときの手術から2ヵ月後の状態です。腹筋の形がわかるようになっているのがご理解いただけると思います。

友人は脂肪吸引だけでこの状態になったのではありません。食事内容だけでなく運動も定期的に行なっていました。脂肪吸引後も健康的な生活を送った上でこの状態を得ることができたのです。

健康的な生活とは適切な食事と適度な運動です。今から説明する食生活と運動を脂肪吸引後1ヶ月からスタートすると、脂肪吸引の効果を最大化させることができます。まずは食事のルールについて説明していきます。

食事の時に実践すべきルール

  1. 野菜をはじめに食べる
  2. 肉や魚はなにを食べてもいい
  3. 時間をかけてよく噛んで食べる
  4. なるべく炭水化物は食べない
  5. 運動をした日は間食をしても良い
  6. 寝る3時間前以降は何もたべない

食事のルールを基にした1週間分の外食の食事メニューがこちらです。

 朝食  昼食 夕食
   バナナ  幕の内弁当  四元豚とたっぷり野菜の蒸し鍋定食
   フルーツミックス  鶏めし御飯  金目鯛の西京焼膳
 水  カットパイン  中華幕の内弁当  さばの炭火焼定食
 木  グレープフルーツ  ロースとんかつ弁当  せいろそば
 金  ヨーグルト  ゴーヤチャンプル  焼肉
 土  豆乳  ビーフシチュードリア  お寿司
 日  ミックスサンド  鶏もも肉の七味焼き  しゃぶしゃぶ

自炊をする人のための1週間の献立はこちらです。

 朝食  昼食  夕食
 月  ササミとオクラの和風コンソメスープ  ツナとオリーブのグラハムサンド  酵素玄米で!あんかけチャーハン
 火  オムレツ  菜の花玄米チャーハン弁当  和風チキンスープカレー
 水  もやしと卵のスープ  レタスと卵のサンドイッチ
具だくさんサラダ
 蒸し鶏ネギ醤油塩昆布と卵の玄米チャーハン
 木  牡蠣のクリーム玄米リゾット  おにぎらず
ベーコンレタススープ
 ブロッコリーの海鮮あんかけ
豆入り玄米ごはん
 金  トマトのすっぱいスープ  玄米ライスバーガー
ミニトマトとセロリのスープ
 白菜と豚バラのミルフィーユ鍋2人分
 土  豚肉とえのきトマトの中華炒め  つけ鴨そば  かつおのごまねぎステーキ
白米2分の1膳
じゃことほうれん草のおひたし
 日  トマトと卵の玄米粥  なすミートソースミルフィーユグラタン  ローストビーフ
白米2分の1膳
海藻サラダ

献立のレシピや食べ方のコツについては、【医師が作ったダイエットの1週間献立】これなら続けられる!正しいダイエットに載っています。ぜひ参考にして下さい。

つづいて、適度な運動について説明していきます。すでに運動習慣がある人はそのまま運動を続けて下さい。運動習慣がなかった人は、これから運動を習慣化していきましょう。

しかし、今まで運動らしい運動をしていないのに自分ができるようになるのか?そう思いますよね。今から紹介する方法であれば時間もお金もかかりません。やる気さえあれば誰でもできるのでがんばりましょう!

運動習慣がなかった人用の運動メニュー

  • 自宅でおこなう週2回の筋トレ
  • 週に2回、1回6分30秒の無酸素運動

筋トレは必ず必要です。同じ体型なら、筋肉質の人のほうが太りにくく痩せやすいという話を聞いたことがありませんか?その理由は、筋肉を維持するにはたくさんのエネルギーを必要としますので、筋肉量が多い人ほど基礎代謝が高く、やせやすく太りにくいからなんです。基礎代謝を高くするため、筋トレをして筋肉をつけましょう。

筋トレをする時には太ももや胸などの大きい筋肉を鍛えるのが効率的です。筋トレは長い時間をかけてたくさんの回数をこなすより、短時間でもいいから、10回ならなんとかできるレベルの負荷で1分休んで3セットやる。これが重要なんです。

筋トレは毎日やるのではなく、筋肉痛があるうちは筋トレを休んで回復するまで日数を待ちます。筋肉痛がなくなったら筋トレ再開です。あとはこれをくり返していきます。実際には週に2回くらいのペースになるはずです。

余裕でできる場合は負荷が足りないので、家にあるものを重り(リュックに本や水入りペットボトルを入れるなど)にして負荷を大きくしてやります。おすすめの筋トレメニューは以下を参考に週に2回のペースでやってください。

おすすめ筋トレメニュー

  • 太ももの筋トレ:ゆっくりスクワット10回×3セット(休憩1分)
  • 胸の筋トレ:ゆっくり腕立て伏せ10回×3セット(休憩1分)

慣れてきたら筋トレの種類を増やしたり、体型が変わってくると自分に自信を持てるようになってくるのでジム通いを始めてみてもいいかもしれません。

次に無酸素運動についてです。一般的にはダイエットに効果的と思われているのはジョギングやウォーキングなどの有酸素運動ですよね。有酸素運動がダイエットに効果があることは事実です。

しかし、有酸素運動によるダイエットはやめると元に戻ります。つまり、効果をキープするには有酸素運動を続けないといけないんです。でも、1日24時間の限られた時間の中で、毎日ジョギングができる人はどれほどいるでしょうか?

もしいたとしても、天気が悪い、体調が悪い、他にやることがあるなどの理由で途中からやらなくなる人のほうが多いのが現実ですよね。

一気に心拍数があがる無酸素運動を行なうと代謝があがり、脂肪が燃えやすくなります。無酸素運動を週に2回行なうことによって脂肪が燃えやすい体内環境を作っていきましょう。無酸素運動のメニューはこちらです。お好きなほうをどうぞ。

カッコよく痩せるための無酸素運動のメニュー

  • ジムでバイクこぎ全速力30秒を5本(1分の休憩をはさんで5本行なう)
  • 自宅で全力スクワット30秒を5本(1分の休憩をはさんで5本行なう)

体重50kgの女性が無酸素運動と有酸素運動をした場合の消費カロリーとかかる時間の比較をしてみました。

女性、体重50kgの場合 全力スクワット5本(1分の休憩4回) 時速10㎞のジョギング(けっこう速いです)走行距離1km
消費カロリー 51kcal 38.33kcal
所要時間 6分30秒 6分
実働時間 2分30秒 6分

表を見ると、速めのジョギングで1km走るより、全力スクワット5本のほうがカロリー消費や時間効率の面で優れているのがわかります。

全力スクワットをするのに技術はいりませんので運動が苦手な人でもできます。短時間で終わるので時間がない人でもできます。しかもどこでもできてお金もかかりません。1回たったの30秒間ですから本気で5本を行ないます。(30秒でスクワット30回以上)

実際にやってみるとしんどいですが、続けているうちに慣れてきます。慣れてきたらおもりを持つなどして負荷を大きくしていきます。1回30秒休憩1分を5本。1週間に2回のペースでがんばってください!

まとめ

男性が脂肪吸引を受けるときの効果と注意点について説明しました。脂肪吸引を受けて効果が期待できるかどうかはカウンセリングを受けてみないとわかりませんが、カウンセリングに行く前に事前に知っておくべき知識について以下にまとめておくので参考にして下さい。

【脂肪吸引の痛みについて】

不安解消!!知っておきたい脂肪吸引の4つの痛み

【脂肪吸引のリスクについて】

うける前に必ず確認!脂肪吸引のリスク全27項目と対策

【脂肪吸引の費用について】

脂肪吸引の値段相場と質の高い治療を受けるために必要な知識

【お腹の脂肪吸引について】

お腹の脂肪吸引の効果は?うける前に知っておくべき全知識

【顔の脂肪吸引について】

顎の脂肪吸引で二重あご解消!うける前に知っておくべき知識

知らずに受けてはいけない!頬の脂肪吸引の効果と注意点

 

 

カテゴリー 脂肪吸引

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メールによる無料相談受付中!

フォレストクリニック院長の藤井です。
最後まで記事をお読み下さいまして、ありがとうございました。

現在、脂肪吸引についてお悩みの方のためにメールによる無料相談を受け付けています。

もしあなたが、記事を読んでも以下のような不安がある方はぜひ無料相談にお申込みください。

・脂肪吸引をしたいけれども不安がある
・自分が脂肪吸引をやるべきなのか知りたい
・クリニックに行く前に疑問点を解決したい


メールによってあなたがお悩みのことを気軽にご相談いただけます。
どんなささいな悩みであっても、あなたにとっての不安を必ず解消できるお手伝いをさせていただきます。

※ご質問いただいてから24時間以内に回答させていただきます。
無料相談受付フォーム

医師が教える美容ゼミの 購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントはこちらからどうぞ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-471-245(朝10時から夜7時まで)