知っておきたいベイザーと通常の脂肪吸引の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

34420966_s

最近『ベイザー脂肪吸引』という名前を目にする機会多いと思いませんか?ベイザー脂肪吸引とは「ベイザー波」という特殊な超音波の力で脂肪を溶かし、溶かした脂肪をカニューレ(吸引管)で吸引する方法のことです。

ベイザーによる脂肪吸引は、「ダウンタイムが軽い」「脂肪がたくさん取れる」「手術後にたるまない」などと魅力的に紹介されているので、ベイザーによる脂肪吸引を検討されている方も多いのではないでしょうか?ここでは、ベイザーと通常の脂肪吸引の違いを詳しく説明していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。

1  ベイザー脂肪吸引とは

ここではベイザー脂肪吸引の特徴や費用などについてお伝えしていきます。

1-1 ベイザー脂肪吸引の特徴

  •  脂肪を吸引しやすい状態にしてから脂肪吸引ができる

ベイザー脂肪吸引はベイザー波という超音波の高周波振動を利用して脂肪細胞をとかしていきます。ベイザー波によって脂肪細胞は柔らかい状態になり、簡単に脂肪を吸引できるという原理です。

  • 痛みや腫れなどのダウンタイムが軽くなる

ベイザーは脂肪の周辺組織(血管や神経など)を傷つけずに脂肪だけに作用し、溶けた脂肪を吸引できるのでダウンタイムが他の脂肪吸引より軽くなると言われています。

  • 9割の脂肪を取ることができる

ベイザー脂肪吸引なら皮膚のすぐ下の脂肪や固くなっている脂肪も簡単に吸引できるため、9割の脂肪が吸引できると言われています。

  • 肌の引き締まり効果があり、たるみが出ない

脂肪細胞のみをピンポイントで吸引できるため、皮膚と筋肉をつないでいる繊維組織を傷つけることがないことから、手術後の肌の引き締まり効果があり、たるまないと言われています。

1-2 ベイザー脂肪吸引の費用

ベイザー脂肪吸引の治療費は高いと思われている方も多いのではないでしょうか。日本ではベイザー脂肪吸引の機械を購入する際に業者との間に最低価格に関する協定があり、クリニックが自由に価格設定を行なうことができません。自由競争が働きにくいことが料金が高くなってしまう要因となっています。

また、滅菌方法の自由度が他の器械に比べて低いことも費用が高くなる要因になっています。ベイザーの器械は熱に弱いため、滅菌方法として高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)を使うことができず、ガス滅菌(EOG)などを使うことになります。高圧蒸気滅菌が院内で1,2時間の工程で終わるのに対し、その他の滅菌法は専門業者に委託(納品まで数日を要します)したり、院内で滅菌する場合でも7,8時間以上の時間を要します。

そのため、ベイザーの器械の付属品を複数所有しているクリニックでなければ頻繁に治療ができない事情があります。また、使い捨ての材料もあり、そもそも器械が高額(1500万円)なのでどうしても料金は高めになってしまいます。

2、 通常の脂肪吸引とベイザー脂肪吸引の比較

通常の方法とベイザーを使った方法は何が違うの?最良の方法は何?と思ってしまいますよね。ここでは、通常の脂肪吸引とベイザー脂肪吸引の経過や結果の比較を詳しくお伝えします。

2-1 痛みやダウンタイム

ベイザー脂肪吸引は痛みやダウンタイムが軽いと耳にしたことはありませんか?ベイザー脂肪吸引は脂肪をとかしてから吸引しているので、理論上痛みが少ないと言われています。

しかし、実際の手術では麻酔が効いていて、手術後は痛み止めの薬を使いますから、どの方法でも痛みの程度は同じと考えていいでしょう。

ダウンタイムについてもベイザー脂肪吸引なら理論上では組織の損傷が少ないため、腫れや青あざが少なくダウンタイムが軽いと言われています。しかし、手術後はどの方法でも患部を圧迫し、腫れや痛みがでないように対処しているので違いがあるとは言えません。

どの方法でも痛みやダウンタイムを最小限におさえるための対処を行っています。痛みやダウンタイムはどの方法による脂肪吸引にも必ずでます。ベイザー脂肪吸引なら他の方法とくらべて痛みやダウンタイムが軽いということはないと言えます。

2-3 効果

ベイザー脂肪吸引なら「9割の脂肪がとれる」「たるまない」とベイザー脂肪吸引を行なっているクリニックならどこも宣伝していますよね。ここで、ベイザー脂肪吸引と通常の脂肪吸引の手術前・手術後の画像を見比べてみて下さい。上がベイザー脂肪吸引による手術前・手術後、下が通常の脂肪吸引による手術前・手術後画像です。

  • ベイザー脂肪吸引の術前術後画像

liposuction-1

引用元:care well medical centre

  • 通常の脂肪吸引の術前術後画像

お腹

元の体型が違うので単純に比較はできませんが、どちらの方法でもきちんと効果が出ているのがわかると思います。このように医師がしっかり治療を行えばどちらの方法でもきちんと効果はでるのです。

今まで脂肪吸引は様々な機械が発売され、そのたびに最新の方法が最良の方法と宣伝されてきました。今はベイザーが最新なので最良の方法とベイザーを扱っているクリニックは広告しています。

私が今までに患者さんから聞いた感想ですが、「最新の方法であるベイザー脂肪吸引を選んで良かった。とても満足している」という意見もあれば、「ベイザーによる脂肪吸引と他の脂肪吸引の両方を受けたことがあるが違いは感じなかった。ベイザーは高いだけでメリットがあったようには思えない」という意見もありました。

このように、両方の意見があります。ベイザーを使えば結果が良くなり、痛みなどのダウンタイムも軽くなるという根拠はなく、結果は担当医の技量、痛みなどのダウンタイムはケアの仕方で決まると考えるのが正しいでしょう。

3 クリニック選びの際、重視すべきポイント

脂肪吸引をうけるときは、何を基準にクリニックを選べばいいのだろう…と悩んでしましますよね。ここでは、クリニック選びのポイントを分かりやすくお伝えします。

3-1 カウンセリングに時間をかけている

カウンセリングに時間をかけて丁寧な説明と提案をしてくれるクリニックを選ぶべきです。その理由は、手術が成功するかどうかはカウンセリングで決まるといえるからです。医師なら誰でも、自分の患者さんにはキレイになってほしいと考えています。

そのためにはカウンセリングでその患者さんのことを知る必要があります。カウンセリングではメリットだけでなくデメリットもきちんと丁寧に説明し、どのような治療をすれば満足の結果が得られるかを提案してくれる医師を探すことが大事になります。

3-2 自分の希望とクリニックの方針が合っている

自分の希望とクリニックの治療方針がぴったり合っているクリニックを選ぶべきです。患者さんの希望が色々であるように、クリニックによって治療方針も様々です。たとえば、「麻酔はしっかり効かせてもらって眠っている間に手術を受けたい」という希望がある人には局所麻酔のみで脂肪吸引を行なう方針のクリニックは向いていません。

カウンセリングでは自分の希望とクリニックの治療方針が合っているかをしっかり確認することが大事です。カウンセリングに行くと気分が舞い上がってしまい、あまり質問ができなかったという人も多いので、聞きたいことや知りたい内容は事前にメモにしてカウンセリングを受けに行くようにしましょう。

4  まとめ

ベイザー脂肪吸引が良いという医師もいれば、他の方法が良いという医師もいます。大事なことは自分の希望を尊重した治療を受けて良い結果になり、納得できる治療をやってもらうことです。

そのためには脂肪吸引の機械や方法にこだわるより良い医師に出会うことが重要です。カウンセリングに行くことを面倒がらずに「この医師を信じてすべて任せよう!」と思える医師に出会えるまでカウンセリングに行ってください。きっとあなたに合う医師が見つかります。

カテゴリー 脂肪吸引

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メールによる無料相談受付中!

フォレストクリニック院長の藤井です。
最後まで記事をお読み下さいまして、ありがとうございました。

現在、脂肪吸引についてお悩みの方のためにメールによる無料相談を受け付けています。

もしあなたが、記事を読んでも以下のような不安がある方はぜひ無料相談にお申込みください。

・脂肪吸引をしたいけれども不安がある
・自分が脂肪吸引をやるべきなのか知りたい
・クリニックに行く前に疑問点を解決したい


メールによってあなたがお悩みのことを気軽にご相談いただけます。
どんなささいな悩みであっても、あなたにとっての不安を必ず解消できるお手伝いをさせていただきます。

※ご質問いただいてから24時間以内に回答させていただきます。
無料相談受付フォーム

医師が教える美容ゼミの 購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントはこちらからどうぞ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-471-245(朝10時から夜7時まで)