ワキガの原因は何か?できる対策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワキガの原因は何か、できる対策とは

「ワキガ」というのは非常に厄介なものです。周りの人も指摘しにくいものですし、本人も非常に悩むもの。ワキガが気になって、学業や仕事に支障をきたしているという人もいるほどです。では、このワキガというのは、そもそも何が原因で起きるのでしょうか。そしてその対策としてはどのようなものが考えられるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

1 ワキガの原因

1-1 臭いの仕組み

ワキガには、「アポクリン腺」と「エクリン腺」の2つが関わっています。この2つは、いわゆる「ワキ汗」を生じさせる汗腺です。このなかでも特に厄介なのが、「アポクリン腺」です。このアポクリン腺は、毛穴からさまざまな分泌物を出します。この分泌物が、空気に触れることにより、毛穴の奥にあった細菌に反応して悪臭が生まれるようになります。

対して、エクリン腺の場合はこのような作用がありません。エクリン腺が生じさせる汗の大部分は水分と塩分で構成されており、ワキガの原因にはなりにくいです。しかし、アポクリン腺から発生した悪臭が、エクリン腺から出る汗によって周りに広がってしまいます。これがワキガの原因となるのです。

このように考えていけば、アポクリン腺そのものが、ワキガのもっとも大きな原因のうちの一つである、と言えるでしょう。

1-2 生活習慣

ワキガのもっとも大きな原因は、上であげた「アポクリン腺」です。しかしそれ以外にも、原因となるものはあります。たとえば、「生活習慣」です。

アポクリン腺から分泌される物質には、食生活を始めとする生活習慣が大きな影響を与えます。一般的に、動物性の脂肪はワキガに悪い影響を与えると考えられています。意外なところでは、「乳脂肪分」。これもまた、動物性の食品に分類されますから、ワキガを悪化させると言われています。加えて、煙草やお酒も原因となるので、避けた方が無難です。

1-3 遺伝

ワキガは、実は親から遺伝するものでもあります。母親もしくは父親のうちの一方がワキガであった場合、その子どもは高い確率でワキガに悩まされることになります。もっと深刻なのが、「両親ともワキガであった」という場合です。この場合、子どもがワキガになる可能性はさらに高まると言われています。

1-4 その他の理由

それ以外にも、ストレスなどがワキガの悪化につながります。加えて、ワキ毛が濃い場合も、汗が絡みやすくなるためか、ワキガが悪化する可能性が高くなります。

ちなみに、ワキガは人に移るものではありません。そのため、「ワキガの人が着ていた服を着たから」という理由でワキガが移ることはありません。その点は安心してください。

2 ワキガの自己診断

私たちは、自分自身の体臭についてはなかなか意識できないものです。そのため、「自分がワキガであること」をまったく意識しないで過ごす人もいることでしょう。ただ、周囲の人を困惑させることもありますから、できれば自分で気が付きたいものです。

では、ワキガかどうかの自己診断をするためにはどうしたらいいのでしょうか。まず、「自分自身の汗の臭いが強く感じられる」という場合は、自身のワキガを疑ってみてください。汗をかく季節、衣服(白いもの)のワキにだけ黄ばんだシミができてしまったり、緊張する場面で異常なほどの汗をかいてしまったり、暑いところでもないのに手足が汗ばむという状態であれば、警戒すべきでしょう。

これらは「多汗症」と言われる症状のうちの一つであり、ワキガとも密接につながっています。この状態だと、市販の制汗剤などでは対処が難しいので、クリニックでの治療を必要とします。

3 ワキガの対策

ここからは、ワキガの対策について見ていきましょう。

3-1 生活習慣の改善

まず、今日からでもすぐに取り組めるのが、「生活習慣の改善」です。上でも述べたように、ワキガを悪化させる原因の一つは、「生活習慣」です。肉食を控え、乳製品もあまりとりすぎないようにしてください。お酒も、「絶対に飲んだらダメ!」というわけではありませんが、飲みすぎには注意すべきです。加えて、煙草はワキガだけでなく口臭などを生む原因ともなりますので、禁煙を心がけましょう。

3-2 ワキガ対策グッズの使用

すでに述べた通り、ワキガの場合、市販の制汗剤で対策していくことには限界があります。また、これらの市販品によって、ワキガそのものを治療することはできません。ただ、デオドラントクリームなどによって、臭いを一時的に軽減することは可能だと思われます。

3-3 ワキガ治療

もっとも確実なワキガ対策は、やはりクリニックでの治療です。ワキガの原因はアポクリン腺ですから、これを除去してしまうのです。臭いの元となるものを除去するため、生活習慣の改善やワキガ対策グッズの使用とは異なり、根源的な解決策となり得ます。

・切開による手術

ワキガの手術ではワキガ専用の吸引器を挿入し、汗腺を物理的に吸いだして処理するため、汗の量も減ります。また、汗の量が減ったことによって臭いも当然軽減されます。手術時間は1時間程度で、術後の固定も3~5日間ほど必要であり、抜糸のために通院しなければなりません。しかし、入院の必要はありません。

切開による手術は非常に確実性の高い方法ではありますが、ワキを1センチ程度切開する必要があります。ただ、ワキの下のしわに沿って切開するため、術後はしわになじんでほとんど目立たなくなります。また、「これから先、ワキガに悩まされることがほとんどない」ということを考えれば、十二分に受ける価値があるものだと言えるでしょう。

費用は方法によって値段がやや異なります。安いものだと15万円から受けることができ(方法によっては45万円)、比較的安価な値段で手術が可能です。

ワキガ手術料金

施術方法 料 金
ローラー吸引 150,000円
小切開剪除法 450,000円
他院修正※上記治療費に追加で +200,000円

※参照 東京美容外科でのワキガ手術費用

ワキガ手術の詳しい施術・ご相談についてはこちらからご参照ください
https://www.tkc110.jp/bodyodor/underarm_odor/

・マイクロ波治療

現在は上記以外にも、マイクロ波をわきに照射することによって汗腺組織を破壊していく方法もあります。
メスや針を使用しないので痕が残る心配もなく、大人はもちろん、子供でも治療することが可能です。

アポクリン汗腺、エクリン腺ともに水分を含んだ汗腺にのみ作用し破壊することで、臭い汗とともに軽減できる切らない治療です。

ただ、この方法は、すべてのクリニックで行っているわけではありません。

マイクロ波によるワキガ治療の費用の目安は30万円程度です。

マイクロ波によるワキガ治療料金

部位 単位 料 金
両ワキ 1回 300,000円
両ワキ 保証1回(1年間有効) 450,000円

※参照 東京美容外科でのマイクロ波によるワキガ施術費用

マイクロ波治療の詳しい施術・ご相談についてはこちらからご参照ください
https://www.tkc110.jp/bodyodor/miradry/

4 まとめ

自分の「臭い」というのは自身で感じることは難しく、またデリケートな問題であるがゆえに、大勢の人の頭を悩ませる問題でもあります。ワキガがコンプレックスになっているということであれば、専門医に相談の上、根源治療に取り組みましょう。

カテゴリー ワキガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京美容外科ではワキガに関するお悩みにお応えします

東京美容外科 木村です。
最後まで記事をお読み下さいまして、ありがとうございました。

東京美容外科ではワキガに関するお悩みを随時受け付けております。
患者さまのお悩みに対してワキガの治療内容の具体的な説明や、仕上がりイメージ、術後のリスク、かかる費用等、患者さまが納得いくまで丁寧に説明を行い、きちんと同意した上で施術を受けていただくことを心掛けております。

無料カウンセリング(要予約)ではあなたがお悩みのことを気軽にご相談いただけます。
どんなささいな悩みであっても、あなたにとっての不安を必ず解消できるお手伝いをさせていただきます。

東京美容外科公式サイトへ

医師が教える美容ゼミの 購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

東京美容外科公式サイト