ワキガのチェック!簡単に自己診断をしてみよう

  • LINEで送る

ワキガのチェック!簡単に自己診断をしてみよう

「自分もワキガかもしれない」と気になっている人もいるのではないでしょうか。
しかし、デリケートな問題であるため、人に聞いたとしても「あなたはワキガだ」とずばり指摘してくれる人はそう多くはありません。また、そもそも話題にしづらい話でもあります。
そこでここでは、自分がワキガか調べるための「セルフチェック」のやり方について紹介します。

1 ティッシュやサランラップでワキガチェックができる?

今回は、ティッシュやサランラップを使ったワキガのチェック方法を紹介します。

1-1 ティッシュでのチェック方法

このやり方はとても簡単です。ティッシュをワキの下に挟んで、1時間程度そのままにしておく、というものです。そのあとでティッシュの臭いを確認して、「鉛筆の芯のような臭い」、「カレーやタンドリーチキンなどのスパイシーな臭い」「玉ねぎ、長ネギ」などなんとも言えない臭いがあるある場合はワキガの可能性が高いです。

1-2 サランラップでのチェック方法

もう少し簡単な方法として、サランラップを使ったチェック方法があります。これもティッシュと同じで、ワキの下にサランラップを5分ほど挟む(貼り付ける)というもの。チェック方法も一緒です。

どちらの方法も手軽に行えるため、セルフチェックの方法として有名です。ただ、この「ティッシュによるチェック」「サランラップによるチェック」というのは、医学的根拠に疑問が残るチェック方法です。根拠自体が確実性にかけるものですから、「これで臭いがあった=ワキガである」「臭いがなかった=ワキガではない」と言い切ることは難しいでしょう。
また、「ワキガであってほしくない」「きっと自分はワキガなのだ」という無意識化の思い込みが、自分の冷静な判断を妨げてしまう可能性も十二分にあります。加えて、そもそも、自分自身の臭いにはなかなか気づきにくいものでもあります。

そのため、確実な結果を得たいのであれば、やはりクリニックでのしっかりとした検査を受けることが必要です。クリニックでの診察の場合、「ワキガである」とわかったのならば、その時点から治療が始められるというメリットもあります。
気になったらすぐにクリニックに行くのが正しい選択だと言えるでしょう。

2 ワキガの自己診断チェック

東京美容外科の「ワキガ・多汗症の自己診断チェックリスト」を元に細かく見ていきましょう。

ワキガ・多汗症の自己診断チェックリスト
https://www.tkc110.jp/bodyodor/

2-1 耳垢が湿っている

「耳垢が湿っている」というのは、ワキガかどうかを判断するためのもっとも重要な判断基準となり得ます。そしてこれには、きちんとした理由があります。

ワキガの原因となるのは、「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺です。ここから出てくる汗には脂質やたんぱく質が大量に含まれています。これを分解していく細菌によって、臭いが発生するわけです。

通常、外耳道(耳の穴~鼓膜の部分)にはエクリン腺(アポクリン腺と対をなす汗腺。ここから出る汗はほとんどが水分である)が存在しません。そのため、もしアポクリン腺が耳にないのだとしたら、耳垢もぱさついているはずなのです。しかしこの耳垢がじっとりと湿っているとすれば、耳にアポクリン腺があるということにつながります。そして、アポクリン腺が耳にある人は、ワキにもこれがたくさんある可能性が極めて高いと言えます。

このため、耳垢が湿っている人はワキガの可能性が高いと言えるのです。

2-2 人からワキの臭いを指摘されたことがある

周囲の人から、「ワキガなのでは」「ワキの臭いが強い」と指摘された場合は、当然のことながら、これを患っている可能性が高いと言えます。

2-3 ワキの毛が多く濃い、太い

「ワキ毛が多ければ、アポクリン腺が多い」とまでは言えません。しかし、1つの毛穴から2本以上の毛が生えている女性の場合、アポクリン腺が多いと言われています。また、男性の場合は、猫っ毛のように柔らかい毛が広い範囲にわたっている場合が黄色信号です。

2-4 冬場でもワキの下に汗をかいていることがある

冬でもじっとりと汗をかいているという人は、ワキガの可能性が高いと考えられています。エクリン腺から出る汗によってもたらされる「多汗症」とは異なり、季節を問わず、じっとりとした汗が出ているケースでは、ワキガの可能性が多いとされています。

2-5 家族や親戚にワキガの人がいる

ワキガは優性遺伝です。両親がワキガの場合、子どももそれを患う可能性が高いと言えます。その数字は極めて高く、片親の場合でも5割 の確立でワキガが遺伝するとされています。ただ、これには諸説あり、「確立としては3割 程度ではないか」という意見もあります。

2-6 自分で自分の臭いがわかる

「自分の香り」「自分の臭い」というのは、とても自覚しにくいものです。本人がその臭いに慣れているからです。しかしそうであるにも関わらず、「自分の臭い」を自覚しているということであれば、これはかなり危険な状態です。

上では「人から指摘された場合」をとりあげました。これとあわせて考えていきたいものです。また、「自分自身の気にし過ぎだった」ということがわかれば安心できるチェック項目でもありますから、気になるようであれば早めに病院への受診をおすすめします。
ほかのチェック方法とは異なり、「自分は臭うと思っているが、実際にはそうではない」という場合は、自臭症(自分が臭いから、人に嫌われているのだと思い込む心的な状態)である可能性も否定できないからです。

2-7 白いTシャツのワキ部分に黄ばみができる

エクリン腺から出る汗は、そのほとんどが「水分」です。しかしアポクリン腺の場合は、油やたんぱく質を含んでいます。そのため、同じようにワキ汗をかいた場合であっても、ワキガの人の場合は、シャツのワキ部分が黄色く変色しやすいという特徴があります。

2-8 肉類や脂っこい食事を多く摂る

「肉類や脂っこい食事をとる人は全員ワキガである」とは言えません。しかし、これらの食生活がワキガを悪化させる要因であることは確かです。また、乳脂肪分の多い食事も、ワキガを悪化させる原因となります。これらのものを好んで食べている人は、「自分のワキも臭いを発しているのではないか」ということを少し気にしてみることをおすすめします。

3 まとめ

日本人は海外の人と比べると臭いに敏感な傾向にあります。そのため自己診断では過敏になりがちな部分もあります。ワキガは適切な治療によって根治することができます。東京美容外科では無料のカウンセリングも行っているため、少しでも気になることが合ったらお気軽にご相談ください。

カテゴリー ワキガ

  • LINEで送る

東京美容外科ではワキガに関するお悩みにお応えします

東京美容外科 麻生です。
最後まで記事をお読み下さいまして、ありがとうございました。

東京美容外科ではワキガに関するお悩みを随時受け付けております。
患者さまのお悩みに対してワキガの手術内容の具体的な説明や、仕上がりイメージ、術後のリスク、かかる費用等、患者さまが納得いくまで丁寧に説明を行い、きちんと同意した上で施術を受けていただくことを心掛けております。

無料カウンセリング(要予約)ではあなたがお悩みのことを気軽にご相談いただけます。
どんなささいな悩みであっても、あなたにとっての不安を必ず解消できるお手伝いをさせていただきます。

東京美容外科公式サイトへ

この記事をシェア

  • ツイート
東京美容外科公式サイト